工程管理

【初心者向け】VDA6.3の監査って何をするの?を分かりやすく解説^^

reichstag

製品の品質を保証するものとして、国際規格のISO9001は有名ですよね。自動車向けの部品の安全を保証する国際規格だと、IATF16949(旧:ISO/TS16949)

 

それと同じ位、日本でもVDA6.3という言葉をよく聞くようになってきました。VDA6.3は、ドイツの自動車メーカーが作った協会が推奨する品質規格の名前です。

 

イメージ的には、下のピラミット図のような位置関係にあります。

IATF16949を、より具体的に、生産工場に焦点をあてた感じです。

要求事項のピラミット図

 

IATF16949は、専門機関が指導してくれる感じですが、VDA6.3は直接部品を買うメーカーが監査するので、真剣味が違います^^;

 

IATF16949とVDA6.3との違いについては、別の記事でも解説してますので、そちらも読んで頂けると嬉しいです^^

監査
IATF16949とVDA6.3の違いって何?の疑問をわかりやすく解説 自動車に関わる部品や製品を設計・製造している会社は、IATF16949の認証を持つことが自動車メーカーから要求されていると思いま...

 

じゃあ、VDA6.3の監査って、具体的にどんなことするの?

 

VDA6.3の監査は、専用のチェックシートがあって、聞かれる質問の内容も決まってます。この記事では、VDA6.3の質問内容を、僕の経験則をまじえて、噛み砕いて説明していきます。

まだVDA6.3の監査を受けたことがない方向けに、大枠のイメージを持って頂ければと思います。全てを網羅してる訳じゃありませんが、知っておいて損はないと思います^^

 

こんな方におすすめ
  • これからVDA6.3監査を受ける人
  • ドイツの自動車メーカーへ部品を納めている会社の人

 

VDA6.3って、なに?

 

VDA6.3は、VDA6のパート3の略称です。

パート3なんで、パート1,2もあります。

全体のイメージ図は、こんな感じです。
VDA6.3の図0

 

VDA6.1と6.2は、工場で製品を量産する前に行われる審査になります。

VDA6.1:製品を開発する能力があるか?、VDA6.2:その会社は安心して発注できるのか?です。実際には、これまでの実績が考慮されたり、書類審査で終わるケースが多いです。

VDA6.3は、いよいよ工場で製品を作れる段階になったんで、きちんと量産(連続生産)できるのかを現地(工場)で確認します。ということです^^

 

VDA6.3の要求事項って、なに?

 

VDA6.3の中に、プロセスの要素と呼ばれるものが、7つあります。

「プロセス要素=大きな分類」みたいなもので、P1~P7で表現されてます。

P1 ポテンシャル分析
P2 プロジェクトマネジメント
P3 製品及びプロセス開発の計画
P4 製品及びプロセス開発の実施
P5 サプライヤーマネジメント
P6 生産プロセス分析
P7 顧客ケア、顧客満足、サービス

タイトルだけだと、何言ってるか分からないんで、それぞれ説明します(^^;

 

P1:ポテンシャル分析

ポテンシャル分析は、自動車メーカーが新しく部品を購入しようとした場合に、その部品を作っている会社が安心できるか、問題ない会社なのか、を評価します。

 

この会社って、本当に契約しても大丈夫なの?」です。^^;

 

評価の方法は、専用のチェックシートの質問に自己診断で回答して、自動車メーカーに提出して判断してもらいます。自己診断の結果が悪いと、そもそもの契約をしてもらえない仕組みになっています。

 

質問の内容は、この後でてくるP2~P7までの内容を抜粋したもので、2019年11月時点だと、36項目の評価項目があります。なかなか大変^^;

 

この自己評価の結果で、その会社に製品を頼める実力(ポテンシャル)があるかを判断されます。これがポテンシャル分析のイメージです。

これが通らないと、そもそも工場の監査(VDA6.3)を受けることができません^^;

 

P2:プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメント(P2)の中に、7つの質問があって、P2.1~P2.7と表現されてます。質問の概要を簡単に書くと、

製品を作るための
P2.1 ちゃんとした組織があるか?
P2.2 材料や人員、設備は十分か?
P2.3 生産のスケジュールは、顧客と合意してるか?
P2.4 品質を保証する評価の計画はあるか?
P2.5 材料・部品メーカーは、ちゃんとした所を使ってるか?
P2.6 変更があった場合は、ちゃんと管理しているか?
P2.7 なにか問題が起こった場合、報告する仕組みはあるか?

 

製品を設計、開発して、生産する前までの組織(プロジェクト)が機能しているか、がポイントです。

 

P3:製品及びプロセス開発の計画

P3には、5つの質問があります。P3.1~P3.5と表現されます。

P3.1 製品を作る技術はあるか?
P3.2 この製品を作ることは、本当に可能か?
P3.3 具体的な開発計画はあるか?
P3.4 事故(クレーム)が起こった場合の対応を計画してるか?
P3.5 人・材料・設備が十分に考慮されてるか?

 

P3は「製品を作る上で必要なことを、具体的に計画しているか?」を確認する質問です。製品の開発段階で、十分に検討されてないと、良い製品はできません^^

 

P4:製品及びプロセス開発の実施

P4には8つの質問があります。P3で作った計画を、具体的に実現していく段階です。

P4.1 P3で計画したことが、きちんと実施されてるか?
P4.2 製品を作るのに、必要な人は十分確保してるか? そして、その人は作業をする資格を持っているか?
P4.3 製品を作る装置は、使える状態になっているか?
P4.4 製品の評価結果は、自動車メーカーの承認を得ているか?
P4.5 製品開発のときに作ったFMEA、コントロールプランに基づいて、量産できる状態か?
P4.6 製品の実力(パフォーマンス)を評価する方法は、量産と同じ条件で行われているか?
P4.7 クレーム品を分析して、対策・改善する能力があるか?
P4.8 開発から量産に移行する方法が、整備されているか?

 

実際に製品を作る(量産する)前に、全ての準備が整っているか、を視点に確認されます。代表的なアウトプットは、工程FMEAとコントロールプランです。

 

P5:サプライヤーマネジメント

サプライヤーって、なに?

 

サプライヤーは、自分の会社から見て、材料や部品を購入する仕入先の会社です。ただ、どこを視点にするかで、呼び方が変わってきます。

 

自動車メーカーから見ると、自分の会社がサプライヤー、自分の会社が購入している仕入先は、サブサプライヤーと呼ばれます。

 

図にすると、こんな感じ
VDA6.3の図1

 

このP5は、自分の会社から見て、仕入先(部品メーカや材料メーカ)の管理に関する質問です。質問は、全部で7つ。P5.1~P5.7まであります^^;

P5.1 品質に問題のない材料・部品メーカーを使っているか?
P5.2 自動車メーカーが求めていることが、材料・部品メーカーに伝わっているか?
P5.3 材料・部品メーカーに品質の目標があるか?
P5.4 材料・部品の品質は問題ないことが保証されてるか?
P5.5 購入する材料・部品の品質は、チェックされているか?
P5.6 購入した材料・部品は、きちんと受入れて、保管されているか?
P5.7 材料・部品を管理する人は、その資格を持っているか?

 

材料・部品メーカーを信用して、購入するだけじゃ、ダメってことですね^^

材料・部品メーカーを指導して、良い品質を保つ活動をしなさいって言われてます。

 

P6:生産プロセス分析

このP6の質問が、主に工場監査で確認される内容です。P6.1~P6.6まで分類があって、その中に、さらに細かな質問があります。

P6.1 プロセスには、何が入るのか?(インプット)
P6.2 生産するための手段は、管理されているか?
P6.3 生産するための人員は、確保されているか?
P6.4 生産するための設備は、整備されているか?
P6.5 プロセスは、機能しているか?
P6.6 プロセスは、何を生み出すのか?(アウトプット)

 

このP6.1~6.6の分類は、タートル分析と同じ内容になっています。

タートル図と質問事項
VDA6.3の図2

 

タートル分析については、別の記事でも解説してますので、興味のある方は読んで頂けると嬉しいです^^

亀
【ISO/IATF16949準備】タートル図の書き方をわかりやすく解説 普段あまり耳にすることがないタートル図(タートル分析とも言います)ですが、ISO9001やIATF16949の審査を受けようとす...

 

P7:顧客ケア、顧客満足、サービス

P7は、製品を納品した後のアフターサービスに関するものです。

納品した製品が壊れたり、機能しなかったりした場合のクレーム対応がメインになります。P7.1~7.5まで、5つの質問があります。

P7.1 自動車メーカーが求めていることが満足できるか?
P7.2 自動車メーカーが求めているサービスを保証できるか?
P7.3 部品を安定して、供給することができるか?
P7.4 クレームが起こった場合、原因が追求されて、対策が効果的に実施できるか?
P7.5 サービスを担当する人は、その資格を持っているか?

 

自動車メーカーから見ると、問題が起こったときのクレーム対応が1番気になるところかも知れません。車だと、欠陥部品が分かった段階で、リコールなどの法的制度があるので、きちんと対応できる体制が必要になります。

 

まとめ

VDA6.3監査で行われること

P1:ポテンシャル分析

  • 自己診断の結果で、製品を開発、量産する能力のある会社か?を判断されます。

P2:プロジェクトマネジメント

  • 組織的な製品を開発、量産する体制があるか?の確認

P3:製品及びプロセス開発の計画

  • 製品を開発する十分な計画を持っているか?

P4:製品及びプロセス開発の実施

  • 計画したものを実行できる能力があるか?

P5:サプライヤーマネジメント

  • 材料・部品の購入先を管理できているか?

P6:生産プロセス分析

  • 量産する能力があるか?

P7:顧客ケア、顧客満足、サービス

  • クレームを処理する能力があるか?

VDA6.3の監査は、製品を受注するところから、設計、開発、量産、アフターサービスに至るまでの一連の流れを全て確認されるものです。

 

多くの時間をかけて、じっくり監査されるので、かなり大変です^^;

 

逆に、ここまでして、安全な自動車を作ろうって言う意気込みも感じます。車を持ってる人だと、自分の車が故障すると、すごく困ります。

 

そうならないように、1つ1つの部品の品質をあげる活動がVDA6の考え方になってます。大変な監査ですが、頑張って乗り切りましょう^^

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。m(_ _)m