工程管理

初心者向け┃VDA6.3のポテンシャル分析を分かりやすく解説

 

ドイツを代表するヨーロッパの自動車メーカーと仕事をしようとすると「VDA」という言葉がよくでてきます。

 

VDAは、ドイツ自動車業界の品質規格で、有名なメーカーが多数参加しています。ISO9001やIATF16949を厳しくしたものと思って大丈夫です。

 

特に生産工場に関係する規格が「VDA6.3」です。(VDA6のパート3)

 

IATF16949とVDA6.3の違いは、こちらの記事を見て頂ければと思います。

監査
IATF16949とVDA6.3の違いって何?の疑問をわかりやすく解説 自動車に関わる部品や製品を設計・製造している会社は、IATF16949の認証を持つことが自動車メーカーから要求されていると思いま...

 

ヨーロッパの自動車メーカーと取引をするためには、まずVDAの試験をパスしないといけません。

そして、VDA6.3の認証を受けるとき、最初に出てくるのが、「ポテンシャル分析」です。

 

あまり馴染みのない言葉だと思いますので、この記事では、ポテンシャル分析の意味と対応方法を解説します。

 

こんな方におすすめ
  • ヨーロッパの自動車メーカーと取引を考えている人
  • VDA6.3の認証を受けようと思っている人
  • 自動車用の部品製造に関わっている人

 

ポテンシャル分析って、なに?

 

ポテンシャル分析は、VDA6.3規格で定められたフォーマットに沿った質問表です。

言い換えると、自己診断のチェックシート。

 

会社の品質レベルを自己診断して、取引を行う能力があるかを確認するために行われます。

 

自動車メーカーも、全ての製造会社を監査する時間はありません。

最低限の品質レベルがあるか?を自己診断チェックシート=ポテンシャル分析で見極めようってことです。

 

もしも
  • ポテンシャル分析の結果が悪い
  • ポテンシャル分析を提出していない

こうなってしまうと、選択肢から外れてしまいます。

自己診断ではありますが、ポテンシャル分析はすごく大切なものです。

 

ポテンシャル分析の内容

 

ポテンシャル分析の質問内容は、決まっていて全部で36個あります。

36の質問は、実際の工場監査で確認される項目の抜粋です。

回答は、3つの中から選択!

 

緑・黄・赤の個数で採点されます

 

赤が1個でもあると、取引NGになってしまいます。(厳しい・・・。)

黄色が15個でもアウトです。

 

条件付きって何?

量産するには、まだちょっとこわいので、リスクを最小にするための条件です。

  • 少量での生産
  • 特定の製品に限定した生産

生産数量を少なくして、問題が起こっても大きくならないようにします。少量生産しながら、黄 → 緑にしていくイメージです。




ポテンシャル分析の具体的な対応

 

ポテンシャル分析の質問内訳
P2:プロジェクトマネジメント 7
P3:製品及びプロセス開発の計画 2
P4:製品及びプロセス開発の実施 3
P5:サプライヤーマネジメント 5
P6:生産プロセス分析 15
P7:顧客ケア、顧客満足、サービス 4
合計 36

 

それぞれの質問に対して、大枠の基準を考えてみます。

あくまで個人的な見解なんで、参考程度にお願いしますm(_ _)m

また、質問の内容は省略して質問の番号にしてます。

 

P2:プロジェクトマネジメント

 

P3:製品及びプロセス開発の計画

 

P4:製品及びプロセス開発の実施

 

P5:サプライヤーマネジメント

 

P6:生産プロセス分析

 

P7:顧客ケア、顧客満足、サービス

 

質問の内容をみると、だいたい「Yes(緑)」 or 「No(赤)」で回答できそうです。

逆に「赤」に該当する質問には、組織や仕組みを作る必要があります。

 

余談ですが

正直に回答していくと「黃」の部分が結構でてくると思います。このとき「70点位はあるなぁ」と思ったら、「緑」にして良いと思います。

怒られるかも知れませんが、組織や仕組みがあれば、内容が多少不十分でも、今後レベルアップしていけばOKだと思っています。m(_ _)m

 

まとめ
  • ポテンシャル分析は、VDA6.3の第1歩です
  • まずは自己診断で実力の把握から始めましょう^^
  • めっちゃ大変ですが・・・。頑張っていきましょう!