雑記

パチンコをやめたい人必見!僕が辞めた唯一の方法を紹介します!

カジノ

 

製造業の現場で働いている方は、パチンコ・パチスロ好きな人が多いのではないでしょうか?仕事のストレス解消やリフレッシュにパチンコは身近にある最適な場所です。

 

会社仲間でもパチンコ・パチスロが好きな人は多いです。僕も学生の頃からパチンコを始め、その後スロットを覚え、25年くらいパチンコ屋さんに通ってました(^^;

 

正直、若い頃はなぜか勝てていて、働かなくても良いんじゃない?と思ってた時期もありました。それが年齢を重ね、パチンコ・スロット台の規制とともに年々勝てなくなってきました(^^;;;

 

この記事をご覧の方は、

負けすぎてお金がない!  もうパチンコはやめる!

 

と思っていても・・・ついつい通ってしまう。

そんな人じゃないでしょうか。その気持ち、よくわかります。

 

1日で数万円負けて、「今日でやめる!」と帰っても、次の日には取り戻したい衝動にかられます。「パチンコの負けは、パチンコで勝って返す!!」と意気込み、朝から行くけど・・・また負けるという日々の繰返しです。

 

そんな僕がパチンコを辞めることができた方法を紹介します。今の所、パチンコを辞めて1年が経過しようとしてます。

こんな方におすすめ
  • パチンコ・パチスロを辞めたいと思っている人
  • パチンコ・パチスロで全然勝てない人

 

僕が辞めた唯一の方法

 

結論から言うと、「家に快適な空間を作る」です。

 

まずパチンコに行く人は、自由にできる時間がある人だと思います。パチンコに行かないという事は、自由な時間を別のことにあてる必要があります。

 

よく言われるのが、「パチンコに変わる別の趣味を作ろう!」です。別の趣味を考えると、ゴルフ、釣り、ジムに行く、スマホゲームなど色々なものが考えられますが、それだけでは辞めることは無理です。

 

ゴルフや釣りでは、パチンコのお手軽さに勝てません。予約もなく、好きな時間に行けて、軽装でOK、1人で楽しめる。・・・パチンコ最強です!

 

ジムに行くだけでは時間が潰れません。ジムの帰りにパチンコに寄ってしまう、ジムに行こうと思ったけど、気付いたらパチンコ屋さんの前だった!・・・よくあります。

 

スマホゲームは、パチンコ屋さんの中でも出来ます。最近は、パチンコ台の横に専用のスマホ充電ケーブルがあります。・・・至れり尽くせりです。

 

結論として、家から出たらダメです。パチンコ屋さんの誘惑に勝てません。それほど強力です。

 

パチンコの依存度チェック

 

ここで少しパチンコの依存度をチェックしてみましょう。当然ですが、依存度が高いほど簡単に辞めることはできません。

 

本人に自覚はありませんが、ギャンブル依存症になっていることもあります。僕もまったく自覚はありませんでしたが、客観的に見ると依存症だったのかも!?と思うことがあります。

 

簡単な依存度チェック
  • レベル1:毎週、休みの日に行く
  • レベル2:貯金を切り崩して行く
  • レベル3:会社を休んで行く
  • レベル4:嘘をついて行く
  • レベル5:お金を借りて行く

 

レベル4からギャンブル依存症と自覚した方が良いです。よくテレビでは、仕事にも行かず、家庭もかえりみない、そんな人がギャンブル依存症として紹介されていますが、もっと手前から危険信号が出ています。

 

レベル5だと、いきなりパチンコを辞めることはまず無理です。段階的にステップを踏んで徐々にパチンコ屋さんに居る時間を減らして行く必要があります。

 

一本道

 

 

具体的な実践方法

僕が実践してきた具体的な方法の紹介です^^

 

STEP1:負ける金額を減らす

最近のパチンコ台、パチスロ台は非情に良く出来ています。演出も凄いし、音楽もクリアで、すごく楽しいです。なので頻度などは変えず、自分の軍資金の範囲内で遊ぶことを考えます。20スロを5スロにして、4パチを1パチにします。これでレベル5からの脱却を目指します

 

大きな金額は勝つことは出来ませんが、大損をすることもありません。そうすると、楽しむことに重点をおいてるので、徐々にパチンコ屋さんに長く居ることがバカらしくなってきます。

 

何十万円も勝ちたい!と開店から閉店まで頑張っていましたが、12時間居ても5スロなら大した金額にはなりません。結構疲れるので、徐々にお店にいる時間が減ってきます。開店から行くこともなくなり、夕方には帰るスタイルになっていきました。

 

ここでの問題点は、ちょっとお金を持っていると、誘惑に負けて20スロに行くことでした。ここから負の連鎖が再スタートしそうになります。・・・我慢のしどころです

 

STEP2:マンガ喫茶に行く

次はパチンコ屋さんに行く回数を減らすことを考えます。パチンコ・パチスロの1番のメリットは、手軽さだと思います。定休日以外は朝から晩まで開いていて、いつ行っても大丈夫、予約も要らない。

 

これにかわるものが、マンガ喫茶に行くです。

 

今のマンガ喫茶はすごく快適に過ごせます。ご飯も注文できますし、ネット使い放題、ドリンク飲み放題で簡単に1日過ごせます。パチンコ屋さんのかわりになる最適な場所です。

 

ただ、問題なのは1日居ると結構お金がかかります。パチンコで負ける金額には及びませんが、お金が増えることもありません。マンガ喫茶に行こうと思いつつ、気付いたらパチンコ屋さんに向かっていた・・・そんなこともしばしばです。

 

パチンコ屋さんの誘惑は本当にすごいです(TT

 

STEP3:自宅を快適にする

家にマンガ喫茶と同じような空間を作れば良いのでは?と思い始めました。

 

今の時代、パソコン1台あれば、マンガ、アニメ、映画は十分見ることができます。我が家には、学生の頃使っていた机もあったので、そのエリアをマンガ喫茶の個室に見立てる計画を立てました。言葉は少し大げさですが、「自分の書斎」ですね^^

 

家庭を持ってる人特有だと思いますが、休みの日に1日家でゴロゴロしていると、まわりの視線が痛いです。ちょっと居づらくなって、外出→パチンコへを防ぐ為にも、自分の空間作りは大切です。

 

ここでのおすすめは、リクライニングできるちょっと良い椅子を購入することです。長く座っていても疲れない、寝たい時にそのまま寝れる。マンガ喫茶にあるような椅子ですね。

 

ネットで探すと椅子もピンきりで色々なものがあります。僕はお財布事情とも相談して、結果5万円のゲーミングチェアーと呼ばれるものを買いました。

 

椅子に5万円・・・かなり贅沢ですが、決意の購入です。自宅改造後も何回かマンガ喫茶に行きましたが、自宅の方が快適に過ごせることに気付きました。

 

購入したゲーミングチェア

 

 

まとめ

 

パチンコ・パチスロにハマっている人は、1日でも早く辞めることが人生を豊かにする最良の方法だと断言できます。

 

僕はパチンコを辞めることで、自由な時間が作れ、お金がムダに減ることもなくなりました。

 

今ではブログを書いています。今からでも遅くありません、一緒に少しずつライフスタイルを変えて行きませんか。

investment
【経験談】パチンコ・パチスロをやめて得られるもの。人生が変わります^^ 仕事のストレス解消やちょっとした暇つぶしにパチンコ屋さんに行く人は多いと思います。僕も学生の頃からつい最近まで25年ほど通ってま...

 

本記事は以上となります。この記事が何かのキッカケになると嬉しいです。最後までお付き合い、ありがとうございました^^