工程管理

FMEAからコントロールプラン・作業標準が生まれる!?その関係を解説します

 

IATF16949の要求事項にFMEA(故障モードと影響分析)とコントロールプラン(設計図)があります。コアツールになる2つには密接な関係があります。

 

本記事は、FMEAとコントロールプランにどのような繋がりがあるか、そして作業するための標準書がどうやって出来上がるかをわかりやすく解説していきます。

 

こんな方におすすめ
  • FMEA・コントロールプランをこれから作ろうとする人
  • FMEA・コントロールプランを作ったけど、しっくりこない人

 

FMEAからコントロールプランが生まれる

この記事を見て頂いている方の多くは、FMEAとコントロールプランを同時に作成したかも知れません。もしくは、実際の作業に合わせてコントロールプランを作り、別でFMEAを作成したかも知れません。

でも本来の順番は、

  1. 工程の作業を洗い出してリスクを数値化する(明確にする)
  2. 高いリスクに対して、リスクを下げる施策を考える
  3. 工程設計思想の完成=FMEAの完成
  4. FMEAの設計思想を具体的な図面にする
  5. 設計図の完成=コントロールプランの完成
  6. 設計図から実際にモノを作る方法を明確にしていく
  7. 方法の明確化=作業標準書の作成
  8. FMEA、コントロールプランと標準書を紐付ける
  9. FMEA、コントロールプランに標準書の番号などを付与する

 

いぬ君
いぬ君
なんで順番通りになっていないの?

 

FMEA・コントロールプランを要求するIATF16949規格は海外で考えられたもので、まだ日本での歴史、浸透が浅いです。

 

IATF16949が要求される前から日本ではモノ作りが行われてきました。

 

そのモノ作りは職人気質が高く、「作業は見て盗むもの!」と標準書を作る文化ではありませんでした。そこから社員の教育用に文書(標準書)が作られるようになった背景があります。

 

この為、今の日本の会社では下囲みのように逆の順番でFMEA、コントロールプランが作られていることが多いです。

  1. 実際にモノを作っている
  2. 作っている作業を基に標準書を作る
  3. 作っている工程、標準書を寄せ集めてコントロールプランを作る
  4. FMEAは過去に経験した問題から作成する

 

FMEAからコントロールプランを作る

実際にFMEAからコントロールプランを作ってみます。

下表のFMEAを事例に考えます。

工程1」の「材料交換作業」に「材料間違い」が発生するリスクがあります。(赤字の部分)

その為、材料名称をバーコード照合することで、間違いを予防する施策で工程が設計されています。

材料の交換作業を考える
FMEA表1
FMEAの続き
FMEA表2

 

この内容をコントロールプランに起こすと、「工程1」の「材料交換」の1行に集約されます。

コントロールプラン表

膨大な量のFMEAを必要な箇所だけ抜き出して、まとめたものがコントロールプランになります。

 

そして、材料交換作業を実現する為に作業標準書を作ります。

 

作業標準書がコントロールプランのどの部分になるかを明確にする為に、文書の番号をコントロールプランに入れて、ヒモ付を行います。経験則ですが、「規格」の欄に入れることが多いと思います。

 

また、文書番号はFMEAの該当する箇所にもヒモ付を行います。

これも経験則ですが、対策前は「作業ミスが発生する原因」の欄、対策後は「実際の実施内容」の欄になると思います。

文書番号を入れたFMEA
FMEA表3

 

これが FMEA → コントロールプラン → 作業標準書 の流れになります。

 

作業標準書の作り方

作業標準書には、コントロールプランに記載されていることを全て含める必要があります。「バーコードを使う」ことや「交換作業ごとに照合する」です。コントロールプランと違う作業をしているとIATF16949の審査で不具合箇所として指摘されてしまいます。

 

なぜ、指摘されるかというと、FMEAでリスクがあって対策しているバーコード照合を行っていない為、材料を間違う可能性が高くなるからです。

 

作業標準書は、FMEAとコントロールプランをしっかり見て作り込んで行きましょう!

 

手順が変われば、FMEAが変わる?

工程の作業を行っていると、作業を変更するケースがあります。作業効率を上げる為や、トラブルを防止する為、レイアウトが変わった為など、理由は様々です。

 

でも、作業をいきなり変更することはNGです。

 

変更しても本当に大丈夫?を検証する必要があります。検証するツールがFMEAです。

変更する箇所の点数をもう1度見直して、リスクが無いことを確認しましょう。

 

このことは、変更管理とも呼ばれていて、大きな流れは下図のようになります。

手順書作成のサイクル図

 

まとめ

FMEA・コントロール・作業標準書は、重要な繋がりを持った関係にあります。何か1つだけが変わることはありません。しっかり運用すれば、リスクの少ない品質の高い工程が維持できます。維持することは難しいですが、正しい考え方を少しでも理解して頂ければ嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^