工程管理

何となく書いてるチェックシートって不要!?記録になるチェックシートを紹介!

checklist

 

製造の現場には無数のチェックシートがありますよね。1つ作業するとチェック、1つ点検をするとチェック、1つ検査をするとチェック・・・キリがないです。

 

QC7つ道具の中にも入っている「チェックシート」が品質管理ツールとして大切なのはわかります。しかし、現場の人は日々、何十、何百とチェックをします。本当に正しくチェックして、正しく記録出来ているのでしょうか?

 

答えは「No」です。

 

人は、毎日同じことを繰り返していると簡素化(効率化)していきます。同じチェックシートを毎日同じように書いていると、何も考えずにシートに書くだけの作業になっていきます。

 

結果、チェックシートの記入漏れ間違った数値を記録したりします。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

そんな悩みに1つの解決方法を紹介したいと思います。

こんな方におすすめ
  • チェックシートの記入漏れで悩んでいる人
  • チェックシートって意味ない!って思っている人

 

現場のチェックシートって必要?

 

答えは、「Yes(必要)」です。

 

チェックシートが必要というよりは、記録が必要です。ISO9001やお客様の監査では、品質を確認した記録を提示する必要があります。

 

いくら「点検しました!」「検査しました!」といっても、記録がなければ、実施したと思って貰えません。このため、現場には無数のチェックシートが存在します。

 

点検・検査したら記録が必要ということは分かります。1つ点検したら、その結果をチェックシートに記入する。ごく普通の作業です。

 

でも、ここには作業者が記入する負荷、記入の漏れ・ミスが考えられていません。作業者は、きちんと書くもの!という性善説に成り立っています。

これが落とし穴です。作業者は、ミスをするものという前提に立つ必要があります。(性悪説

 

勘違いするといけないのは、作業者はミスをしたくてする訳ではない!という事です。

人として、当たり前の作業をしていると、ついつい間違ってしまうのです。ポカミスと呼ばれることもあります。

 

チェックシートの改善

 

少し具体的なチェックシートを考えてみます。

 

一般的な装置の点検チェックシート
一般的なチェックシート

 

1ヶ月を1枚にした装置のチェックシートです。このチェックシートで3日を記入しようとしたとき、作業者はこう考えます。

 

  • 昨日確認したから、今日も大丈夫だろう・・
  • 1日でそんなに変わらないから同じ数字でも良いだろう・・・

 

結果、装置を点検することをせずに、チェックシートだけ記入してしまいます。これが続いてしまうと、本当の装置故障が分からなくて事故が発生します。

 

これを防止するには、どうすれば良いんだろう?

 

まずチェックシートを1回の点検シートに変えます。こんな感じです。

改良版のチェックシート
改良チェックシート

 

チェックシートに簡単な点検の方法を追加します。点検の方法が書かれていると、それをせずに記入する罪悪感が働きます。

 

数字の書く場所は実際のメーターを見ないと記入できません。昨日の数字を思い出して書くよりも、圧力計を見て書いたほうが早いです。人は楽な方に傾きます。

 

100%防止できる保証はありませんが、効果は期待できます。

 

チェックシートの電子化は必須

 

多くの会社で電子化の動きは進んでいると思いますが、電子化は本当におすすめです。

 

膨大な紙を使うこともありませんし、過去の記録も容易に見ることができます。作業者の入力漏れや検証者の押印忘れも防止できます。

 

僕の会社でもチェックシートを印刷する作業、チェックシートを回収・保管する作業、チェックシートが間違っていないか確認する作業(検証)が全て不要になりました。

 

費用vs効果を計算すると簡単に元が取れます。

 

ペーパーレス化のシステムを販売している会社は結構ありますので、「チェックシート 電子化」などで検索してみて下さい。

 

ダブルチェックは無意味!

少し余談になりますが、「ダブルチェック」は現場にありますか?

 

1人がチェックした後に、別の人がチェックする作業です。検査漏れやお客様のクレーム対策で昔はよく聞く言葉でした。

 

1人が見逃しても、もう1人が見付けてくれる!という発想ですが、ダブルチェックには流出を防止する効果はありません。

 

2人の心理状態はこうです。

Bさん:「Aさんがチェックしたから大丈夫だろう^^

Aさん:「Bさんがチェックしてるから問題ないよね^^

 

結局、2人ともチェックしなかった現象が起こります。長くダブルチェックをしているとパートナーはだいたい決まってきます。お互い信頼している仲間ですので、どうしてもチェックする相手を信じてしまいます。

 

IATF16949のコアツール・FMEAでも、人が何回検査しても流出リスクは減らない定義になっています。国際規格がダブルチェックは意味がありません。と言っていますので、すぐに廃止して大丈夫です。これだけで作業負荷を大幅に削減できます。

 

FMEAについては、別記事で紹介してますので、興味がある方は読んで頂けると嬉しいです。

balance
【初心者向け】FMEAの基本的な考え方・使い方をわかりやすく解説 FMEAは、故障モードとその影響を分析する解析ツールの1つになります。(Failure Mode and Effects Ana...

 

本記事は以上となります。最後までお付き合い、ありがとうございました^^