ブログ運営

XSERVERで「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な・」発生時の解消方法

google

 

こんにちは、さくみずパパです。

先日、Googleアドセンスの画面を開くと画面の上の方に見慣れない警告がでてました。

要注意ーads.txtファイルが含まれていないサイドがあります。収益に重大な影響がでないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

ads表示1

 

いぬ君
いぬ君
なにこれ???

 

「ヘルプ」を押して、詳細を見ても、素人にはちょっと理解不能・・(^^;;;;

ヘルプのコメント
adsヘルプ画面引用:AdSenceヘルプ

 

あまり気にしなくても良いとネットでみたものの、表示され続けるのは気持ち悪いので、調べながら修正に着手。

 

僕は、WordPressでXSERVERをレンタルしています。同じ環境で、まだ修正をしていない方の参考になればと思い、警告が解消できた手順を紹介します。

 

手順の流れ

 

  1. 「ads.txt」ファイルの作成
  2. 「ads.txt」をXSERVERへアップロード

手順としてはこれだけ。「ヘルプ」はもう少し分かりやすく、具体的に書いて欲しいですよね。

 

「ads.txt」ファイルの作成

 

①テキストエディタを開く

【google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0】のファイルを作るため、エディタを起動。装飾があると良くないようなので、基本ソフトを使用します。僕はパソコンがwindowsなので「メモ帳」を使いました。

 

②テキストエディタに【google…】をコピペ

メモ帳1

 

③Googleアドセンスの画面を開く

自分の【pub-0000000000000000】を確認するために、管理画面を開きます。

「アカウント情報」から下図②の「pub-******」の数字をコピーします。

アドセンス画面1

 

④【pub-000000・・】を自分の番号に修正

メモ帳2

 

⑤ファイル名を【ads.txt】で保存

adsファイル

 

これで【ads.txt】ファイルの出来上がり^^

テキストファイルの保存形式を指定しないといけない記事も見ましたが、結果的に気にしなくも大丈夫でした。

 

「ads.txt」をXSERVERへアップロード

 

①XSERVERのインフォパネルにログイン

XSERVER画面1

 

②サイトサーバーの【ファイル管理】をクリック

XSERVER画面2

 

③ファイル名の中から【サイト名】をクリック

XSERVER画面3

 

④ファイル名の中から【public_html】をクリック

XSERVER画面4

 

⑤下図の【ファイルを選択】をクリック

XSERVER画面5

 

⑥「ads.txt」ファイルを選択

XSERVER画面6

 

⑦「ads.txt」ファイルをアップロードします

XSERVER画面7

 

成功するとファイル名の中に「ads.txt」が追加されます。

これで修正作業は終了です。

 

修正の確認

 

Google検索で、「https://サイト名/ads.txt」と入力すると、アップロードしたファイル内が表示されます。

google画面

 

僕の場合、アップロードから10時間位でアドセンス画面から警告が消えました。個人差はあるかも知れませんが、少し時間がかかるようです。

 

警告が消えた!

 

ads表示2

 

僕みたいな素人でも簡単に修正できました。まだ警告がでている方は、是非試してみて下さい^^