仕事

机が汚い人は仕事ができないって本当!?具体的な整理方法を紹介^^

home-office

 

机が汚い人は、仕事ができないって本当?

 

度々、話題になるテーマです。色んなことが言われてますが、僕は「関係ない」んじゃないかと思ってます。

 

  • 机が汚くても、仕事ができる人はいる。
  • 机がキレイでも、仕事ができない人はいる。

 

このテーマの論点は、「仕事ができるか」、「できないか」ではなく、「効率が良いか」、「悪いか」だと思います。

 

同じように仕事ができる人が2人いたとしたら、机がキレイな人の方が、仕事が早いです。探すムダがありません。

 

よく身の回りに色んな書類がある方が、インスペレーションが湧くとか、アイディアが生まれやすいと言われることがあります。アーティストやクリエーターの人はそうかも知れません。

 

でも、一般的な会社勤めのサラリーマンは、効率が良いことに越したことはありません。仕事が早く終わって帰れるし。同じ時間でも、こなせる仕事量が増えます。自分にとっても、会社にとっても、デメリットはありません。

 

・・とは言うものの、少し前の僕の机も書類の山でした(^^;

 

定時に帰ることを決めてから、ムダなものを削っていったら、机もすっきりしてた感じです。

 

多分、机が汚い人は、意識してないだけだと思います。仕事を効率よくこなそう。定時に帰ろう!って意識するだけで、机はキレイになっていきます。その具体的な方法を紹介したいと思います。

 

こんな方におすすめ
  • 定時退社したい人
  • 机の上、周りが書類におおわれてる人
  • 仕事の効率を上げたい人

 

机が汚い人は仕事ができない!?

 

最初に間違ってはいけないことを説明しておきます。

 

机が汚いと、書類などを探すムダが生まれます。2、3分の探す時間も、回数を重ねるとバカにできません。1日10回探したとすると、1日30分。1年に換算すると、約120時間=5日は探してる時間です。

 

しかし、逆に机を整理する時間に1日30分とられても、意味がありません。探すムダと、ムダに整理することは、仕事の効率で考えると変わらなくなってしまいます。

 

ちょっと見た目が良いだけ。これが机がキレイだけど、仕事ができない人の典型です。

机の整理は、最初やってしまえば、後は維持するだけです。

 

机をキレイにする方法

 

会社にある一般的な机は、こんな感じだと思います。

机1

 

机の上から順番におすすめの使い方を紹介していきます。

 

机の上

おすすめの使い方は、こんな感じです。

机2

 

机の左側に、飲み物やスマホ、右側にはマウスのみを配置します。右奥にあるのは、書類を入れるケースです。その他のものは、机の上に置かないようにしてます。

 

卓上カレンダーや、ペン立てを置きたくなりますが、僕は撤去してます。カレンダーは、パソコンのカレンダーを、ボールペンなどは3段収納の1番上です。

 

ホントは書類ケースもなくしたかったのですが、まだ紙で承認するようなものがあるので、みんなが何でもおける場所を1つ用意してます。

 

書類ケースの中は、帰る前に必ず空にします。モノを置くための場所ではなく、他の人が書類を入れる場所です。そうすることで、今日処理する残りものが、すぐ分かるようになります。

 

帰るときの机の上は、パソコン、マウス、空のケースだけです。(左利きの人は、配置が反対^^;)

 

3段収納の使い方:1段目

1段目は、浅くなってて、色んなものは入らないので、普段よく使うものを配置します。

机3

 

文房具系がメインですね。小物が多いので、収納トレイを買うのもありです。

 

3段収納の使い方:2段目

2段めは、何でも箱、何を入れてもOKです。仕事してると、一時的なモノって必ず出てきます。それを机の上に置いてしまうと、いつしか積み上がったタワーができます。

机4

 

僕の場合、読みかけの本や、電子機器、一時的な書類、お菓子が入ってます^^

仕切板で前と後ろの2つのスペースを作ってる感じです。

 

3段収納の使い方:3段目

3段目は、捨てることができない書類を保管するスペースです。

 

ペーパーレスが進んでますが、まだ紙の文書や資料は結構あります。まだ捨てない方が良い資料や、ちょっと判断できないものを入れてます。

机5

 

バインダーなどを上手く活用して、書類の種類ごとにファイリングしてます。新しいものと、古いものを見分けるために、年代ごとのファイルでも良いかも知れません。

 

「3年たったら、捨てる!」なんてこともできます^^

 

会社で違うと思いますが、個人の資料なら、3年保管してれば十分です。それより前の資料なんて古すぎて使いませんよね。

こんな収納ボックスがあると便利です^^

 

キレイな机を維持する方法

 

どんなに整理しても、机のキャパを超える物がくると、当然ですが収まりきれません。

 

これを防ぐために、僕が実践してる方法は「1日1つ何かを捨てて帰る」です。小さなものでも、1枚の書類でも何でもOK。

 

ちょっと悩むものでも思い切って捨てて帰ります。2年くらい続けてますが、今の所「しまった」と思ったことはないです^^

 

あとは年末の大掃除で、まとめて捨てれば、そうそうあふれることはありません。

 

まとめ

 

机をキレイにする方法
  • 机の上は「パソコン、スマホ、飲み物、マウス、入れ物1つ」だけ。
  • 1段目の引き出しは、文房具がメイン
  • 2段目の引き出しは、何でもボックス
  • 3段目の引き出しは、捨てれない書類
  • 1日1つ捨てて帰る習慣で、キレイを維持^^

 

本記事は以上となります。最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^