雑記

【悲報】40代でスマホ文字が見にくくなったら、原因は老眼の可能性”大”です

glasses

 

小学生の頃から、ゲームばかりやってて、小5からメガネを愛用しています。今も視力は、0.1ありません・・・(^^;

 

昔はファミコン世代なので、ずっとテレビゲームだったのですが、最近はだいたいソシャゲをしてます。手軽でスキマ時間に最適ですよね。

 

でも45歳をこえた辺りから、徐々にゲーム画面の文字が見えなくなってきます・・。

 

最初は、バッテリー消費を抑えるために、解像度を落として粗い画面のせいだと思っていたものの、高品質にしても見えない・・・。

 

あれ?文字がかすむな・・

 

遠くのものが見えないことはあっても、近いものが見えない体験は始めて。

 

しかも、なぜかメガネを外して、スマホを近づけるとよく見える・・。

メガネ

 

原因は、「老眼」・・・受け入れたくない現実です。ちょっとショックでしたが、歳には勝てません。

 

現実を受け入れて、遠近両用メガネを買いに行くことに。

 

遠近両用メガネを買ったのは始めてでした。何かと知らないことが多かったので、これから遠近両用メガネを検討してる方の参考になればと、記事に残しておきます。

 

こんな方におすすめ
  • 遠近両用メガネを買おうと思ってる人
  • 最近、スマホの文字が見えにくい人

 

スマホ文字が見えにくい原因は、老眼!

 

文字が見えにくくなる現象は、目のピントを合わせる筋肉が固くなることです。

目の状態

 

近いものばかりを見てると、筋肉が緊張して、固くなりやすくなります。近場で固まった筋肉のまま、

 

遠くを見るとピントが合わず、ぼやけます。これが近視と呼ばれる状態です。

 

その状態で筋肉が衰えて老化すると、さらに固くなって、近場のピントさせも合わせることができなくなります。この状態が、「近視の老眼」です。

 

老眼の図①

 

20代、30代前半の方でも同じ症状が起こることがあります。一般的には「スマホ老眼」と呼ばれる現象で、1時的な筋肉の緊張です。若いだけあって、徐々に回復します。

35歳を過ぎたあたりから、本当の老眼が疑われます。

 

老眼の解消方法

 

解消法の1番はメガネです。

  • 近くだけが見えにくい人 → 老眼鏡
  • 近くも遠くも見えにくい人 → 遠近両用メガネ

 

もともとメガネをかけてる人は、抵抗ないと思います。

 

でも、遠近両用メガネだと見え方が少し変わります。

 

1つのレンズに2つの度数があります。

  • レンズの中心部に遠くを見るための度数
  • レンズの中央下に近くを見るための度数 が入ります。

 

図にすると、こんな感じです。

遠近両用レンズ

 

このため、レンズの端に行くほど見えにくいゾーンがあります。2つの度を合わせてるので、仕方ないそうですが、初心者はけっこう戸惑います。

 

お店の人
お店の人
モノを見る時は、目を動かさずに、頭全体を動かして下さい^^

 

って、言われます。

 

左右を見る場合は、首を振る感じ。本を読む時、スマホを見るときは、眼球だけを下に動かす感じです。

 

慣れるまでは、なかなか上手く行きません。

ただ、僕がそうだったんですが、もともと目が悪く、普段から良く見えてないので、そんなに苦にはなりませんでした。3日もすれば意識しなくなります。

 

遠近両用メガネにして、1年以上たちました。今では、遠近両用メガネだったことを忘れるくらい馴染んでます。人間の慣れ・適用能力はすごいです。

 

メガネが苦手な人へ

 

メガネ自体に馴染めない人もいると思います。コンタクトレンズ派っていう人も。

 

今だと、コンタクトレンズにも遠近両用タイプがあります。

 

僕は使った事がないのですが、レンズの構造的には

  • レンズの中心部で、近くを見る
  • レンズの外周部で、遠くを見る イメージです。

 

コンタクトレンズ

 

まとめ

スマホの文字が見えにくくなったら
  • 35歳以上の人は、老眼の可能性が高いです
  • 近視の老眼の人には、遠近両用メガネがおすすめです
  • 最初、違和感がありますが、3日で慣れます
  • コンタクトレンズにも遠近両用タイプがあります
  • 自分の好みでチョイスしてみて下さい^^