仕事

職場のコミュニケーションを円滑にする方法【飲みニケーションより何気ない雑談^^】

なんか会社の空気が重いなぁ~
以前はもっと、気軽に仕事できてたのになぁ

 

そう思うことって、ありませんか?

 

長く会社勤めしていて、最近よくそう思うことがあります。働き方改革の推進で、残業時間が抑制され、有給休暇の取得が義務付けられてきました。

 

それ自体はウェルカム^^

 

家族と過ごす時間も増えますし、副業する時間もできる。

困るのは、仕事の量は減らされず、人は減っていくという現実。

結果的に、仕事する時間は減ってるのに、やらされる量は増えてます。

 

そうすると、上の方からは「もっと仕事の効率を上げろ!」って指示が出ます。でも、仕事の効率なんて、そんなすぐに上がるはずもなく。。

 

みんな休憩時間を削ったり、無口で仕事に没頭したりして、なんとかしようとする。まわりの人達と会話する時間なんてないんです^^;

 

コミュニケーション不足って、そんな現実から生まれてる問題だと思ってます。

 

一昔前なら、仕事終わりにお酒の力を借りてのコミュニケーションもあったと思いますが、今はそんな時代じゃありません。

お金もないし、自分の時間は有意義に使いたい。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

その答えの1つが、仕事中の雑談です。

 

雑談のある職場は、空気が違います。ちょっとした笑み(えみ)、笑い(わらい)があります。

 

コミュニケーションを取ろうなんて、大層なことは考えなくても、雑談してればコミュニケーションしてるのと同じです。

 

ここでは、雑談の魅力について紹介していきます。

 

こんな方におすすめ
  • 職場の空気が重いと感じてる人
  • もうちょっと仕事場に会話が欲しい人
  • コミュニケーション不足を何とかしたいと思っている人

 

雑談の魅力って、なに?

 

雑談の魅力は、大きく4つです。

  1. 精神的な安定が得られる(ストレスが減る)
  2. 思ってること(ホンネ)が言いやすくなる
  3. 仕事の効率が上がる
  4. ◯◯ハラスメントが起きにくい

 

ストレスが減る

人は話しを聞いてもらってるだけでストレスを発散できます。

仕事とまったく違うことを考え・話すだけで気分転換にもなります。

 

雑談の定義は、「特にテーマを定めないで気楽に会話すること」

 

何気ないことを、気軽に会話するだけでOK!

  • ただ、しゃべる
  • ただ、相槌する
  • ただ、聞いておく

それが雑談です^^

 

一言も喋らない職場って、ちょっとピリピリしてて、コワイですよね。仕事以外の言葉が聞こえてくると、ちょっと安心します。

お前、しゃべってないで、仕事しろよ!

って思われる、ちょっと手前でやめるのがコツです^^

 

思ってること(ホンネ)が言いやすくなる

雑談に意味はありません。

意味がないんで、ウソをつく必要もありません。

自然と、ホンネでしゃべるようになります。

 

その効果は仕事の話でも発揮されます。

普段、雑談してる人と仕事の話をしてても、同じ感覚で会話できるのです。

ホンネで話すことに抵抗がないんで、ちょっとしたウソや見栄のようなものがなくなっていきます。

  • 仕事が遅れてれば、ヘルプコールもでます。
  • 仕事で失敗してても、早めに処置できます。

結果、仕事が円滑に進んでいきます^^

 

仕事の効率が上がる

仕事は1人でやるより、チームで取り組むことの方が多いです。

僕の場合、中間管理職のようなことをしてますが、チームメンバーは5人。

まったく知らない人5人で仕事するのって難しいですよね^^;

やはり性格や好み、趣味なんかをしってる間柄の方が、円滑に仕事がはかどります。

  • 人には得意、不得意が必ずあります
  • 得意なことは、得意な人にお願いする

それだけで仕事の効率は格段に上がります。

 

そして、その行動を繰り返してると、みんな自分の役割が分かってきます。リーダーが指示しなくても、自然と動いてくれる、考えてくれるようになります。

雑談は、気心を知れる最初の1歩になってくれます^^

 

◯◯ハラスメントが起きにくい

今の世の中、なにかにつけてハラスメントが起こります。

セクハラ・パワハラ・マタハラ、、、いろいろです。

 

ハラスメントに発展するポイントは、2人の関係性です。信頼関係がある間柄に、◯◯ハラスメントって起きません。

 

ただ信頼関係って、そんなに簡単に築けるものじゃない。毎日の積み重ねで、人間関係を築けてきたか?が大切。

雑談は、気心を知れる第1歩、その気心の積み重ねが信頼関係になっていきます^^

 

雑談って、どうやれば良いの?

 

雑談の魅力、大切さは分かったけど、どうすれば良いの?

 

雑談の定義は「特にテーマを定めないで気楽に会話すること」

 

改まって準備することなんてありません。その場の雰囲気作りが全てです。

 

和やかな雰囲気があれば、話は勝手に口から出てきます。なんか、話さなきゃ・・・。って構えることもありません^^

 

僕が大切にしてる雰囲気作りは3つです。

  1. 定期的に席替えする
  2. 机にお菓子コーナーを作っておく
  3. チームに女性を入れる

 

定期的な席替え

最近、自分の席が決まってないフリーアドレスの会社も増えました。でも、うちの会社はまだ固定の席。組織変更でもない限り、自分の席はいつも一緒。

 

僕の職場では、1年に1回席替えをするようにしてます。

社会人になってからの席替えは、結構新鮮。小学校時代を思い出します^^

 

仕事の話をするにしても、ちょっと離れてたりすると、1人を飛び越して会話したりします。その声は、嫌でも耳に入りますよね^^

 

2人で会話してるつもりでも、チーム全員が知ることになる。

自然とチーム内に情報が共有されていきます。

 

それって、うるさくて迷惑なんじゃないの?

 

同じ会社に勤めてる人の仕事話で、まったく関係ない会話ってありません。「まったく知らない」くらいなら、ちょっとうるさくても、「知りたい」って思うのが人間です^^

 

お菓子コーナーを作る

お菓子は最強のコミュニケーションツールです^^

仕事してると、お昼前の11時、定時前の16時、残業時間の19時にお腹がへります。

 

クッキー1枚、せんべい1枚、チョコレート1個が食べたくなる。そんなとき、誰でも食べていいお菓子エリアが机の上にあったら、みんな集まります。

黙って取っていく人はいません。

1個もらうよぉ~
どうぞ、どうぞ^^

雑談の雰囲気作りなんて、そんな一言で十分です。

そのうち一言が二言、三言となっていきます^^

 

チームに女性を入れる

男性ばかりのチームは、やっぱりちょっとむさ苦しいですよね^^

 

どんなチームには「華」は必要です。

 

これは経験則ですが、女性がいる職場といない職場だと、雰囲気が全然違います。男のだらしなさは、ちょっと控えめになるし、雑談も増えます。

女性が大切っていうのは、僕の持論です。m(_ _)m

 

まとめ:雑談がコミュニケーションを円滑にする

雑談には大きな魅力があります

  • 話をすることで、ストレスがやわらぐ
  • ホンネで話すことに抵抗がなくなる
  • チームメンバーの気心が知れる
  • 信頼関係が作られる

雑談をするための雰囲気作り

  • 席替えをしてリフレッシュ
  • お菓子を食べて、気軽にお話
  • 女性を入れて活性化

コミュニケーションなんて、大層なことは考えなくても、雑談してればOK!

気軽な会話でチーム力を高めていきましょう^^

それでは、今日はこの辺で。m(_ _)m