工程管理

【初心者向け】5M1Eって何?を分かりやすく解説^^

restaurant

 

「5M1E」、製造現場で働く人ならよく聞く言葉だと思います。5M1Eは、6つの言葉の頭文字をとって呼ばれる略称になります。

1M Man
2M 装置 Machine
3M 材料 Material
4M 方法 Method
5M 測定 Measurement
1E 環境 Environment

特に順番に、きまりはありません。好みで変えてもOKですが、上の順番になることが多いです(^^;

理由は、

5M1Eが登場するシーンが、だいたい現場で何か不具合が起こったとき、もしくは何かを変更するときになります。その際、重要になりそうなものから順番にしておくと、見栄えが良い。。それだけです^^;

 

5M1Eの使い方

 

5M1Eって、トラブルが起こったときに使うの?

 

答えは、「Yes」です。

トラブルが発生したときは、必ずどこかに原因があります。

何が悪くて、問題が起こったのか?

 

原因を調査するときに、思いつくものを手当たり次第に調べても、時間をムダにしたり、抜けがあったりします。調査する内容を整理するのに、5M1Eは活用できます。

 

5M1E 調べる内容 調査結果
オペレーションをミスしたから、問題が起こった? ×
装置 機械が故障したから、問題が起こった?
材料 使ってる材料が悪かったから、問題になった?
方法 使い方が悪かったから、問題になった?
測定 正しく測定できなかったから、問題に気付けなかった?
環境 温度や湿度があわなかったから、問題が起こった?

○:問題なし  ×:問題あり

 

経験上、問題の原因は、必ずこのどれかになります。そして、原因になる多い順番が

  1. 人(Man)   :40%
  2. 装置(Machine):30%
  3. 材料(Material):10%
  4. 方法(Method) :10%

個人的な感想ですが、人と装置が上位を占めてる感覚があります。

5M1Eの表を使うことで、原因調査の取り掛かりが分かりやすくなります。

 

変更管理にも使えるの?

いきなりですが、変更管理にも使えます^^

変更管理とは?

「トラブルが起こるときは、必ずどこかに変化したことがあるはずだ!」という考え方があります。これまで安定してモノが作れていたのであれば、変化がなければ、同じモノが作れるという思想。

このため、多くのメーカーは、変化を嫌います。できれば変更せずに、同じ状態で作り続けたい。ただ、いろんな事情で、材料を変えたり、装置を変えたりしないといけない時はあります。

  • 材料の生産自体がなくなったり
  • 装置が古くなって、動かなくなったり

その際の変更ポイントの説明に、5M1Eがでてきます。

 

例えば、装置を新しくする場合
5M1E 変更の有無 変更の理由
なし
装置 装置が古くなったため、最新機種に変更
材料 なし
方法 なし
測定 なし
環境 なし

 

装置だけを新しくするので、人や材料、方法などに変化はありません。装置の変更だけに着目すれば良いことが分かります。

 

モノを作る場所が別の工場に変わる場合
5M1E 変更の有無 変更の理由
オペレータの入れ替わりが発生
装置 装置が別の機種に変わる
材料 なし
方法 なし
測定 なし
環境 作る場所が○→○へ変わる

 

いくつかの変更点がでてきます。

それも5M1Eの表があれば分かりやすいです。人、装置、環境の変化に着目すれば良いことが分かります。

5M1Eの表を使うことで、変更点のポイントを分かりやすく整理できます。

 

5M1Eのそれぞれは何を意味してるの?

5M1Eの要素となっている1つ1つが何を意味するか説明します。

人(Man)

5M1Eの図1

 

オペレータ(作業する人)の要素です。

料理に例えると、料理人にも、ベテランや初心者や達人といったスキルのバラツキがあります。同じスキルの人でも、その日の体調や気分によって、集中力がかけて、ミスをするかも知れません。

そのような人に関わるのことを表します。

人(Man)の内容
  • スキル
  • 経験年数
  • 体調
  • 勤務状態

 

装置(Machine)

5M1Eの図2

 

モノを作るために使う装置・設備といった機械の要素です。

機械の調子が悪くては、良いものはできません。機械のメンテナンスをしないと、同じ状態で動いてくれないものです。

 

今の機械は、エラーで教えてくれる機能もあります。トラブルが起こって、機械を調べたら、エラーが何十回も発生してた!ってことはよくあります。

装置(Machine)の内容
  • 故障(修理)の履歴
  • エラーの発生状況
  • 使用年数
  • 前回のメンテナンス日
  • 今の状態チェック

 

材料(Material)

5M1Eの図3

 

製品や商品に使う材料の要素です。

料理だと、お肉、お魚、野菜などの材料ですね^^

 

製品でも、いろんな部品や原材料と呼ばれるメーカから買っているものがあると思います。その原材料や部品が悪ければ、完成品は悪いものになります。

材料(Material)の内容
  • 原材料に問題がなかったのか
  • 購入した部品は、正常だったのか

 

方法(Method)

5M1Eの図4

 

方法は、モノの作り方に関する要素です。

作業する人のミスはなくて、作り方が間違っていることを意味します。レシピ通り作ったのに、料理がまずい・・・。そんなイメージです。

方法(Method)の内容
  • 作り方に間違いはないか?
  • 指示した方法の通りに作ったら、本当に良いものができるのか?

 

測定(Measurement)

5M1Eの図5

 

正しい数値が測定できない状態です。

測定した数値は表示されてるけど、間違ってる。その数値を信じて作っても、本当の値は違うので、良いものはできません。^^;

 

また、測定者が正しい測定ができていない状態も、測定になります。

だた、作業ミスの要素が大きければ「人」に、測定方法の間違いが大きければ「方法」になることがあります。

 

測定器が壊れかけていることや、正しく測定できないことを指します。

測定(Measurement)の内容
  • 計測機器の故障
  • 正しく測定できているか
  • 正しい方法で測定されているか

 

環境(Environment)

5M1Eの図6

 

環境は、作業の場所、材料を保管する場所といったエリアの温度、湿度、状態を指します。

冷蔵庫は壊れてなくても、冷蔵庫の設定温度が違っていたり、扉に隙間があって冷えなかったり。

冷蔵されてなければ材料がいたんで、美味しいものは出来ませんよね^^

環境(Environment)の内容
  • 温度
  • 湿度
  • 置き場所の状態

 

まとめ

5M1Eは、いろんな場面で使えて便利な考え方です。

5M1E

人(Man)

  • 人のスキル・経験・体調・状態を表す

装置(Machine)

  • 装著の故障・エラー・状態を表す

材料(Material)

  • 原材料・購入部品は良いもの?

方法(Method)

  • 作り方は正しい?

測定(Measurement)

  • 測定した数値は間違ってない?

環境(Environment)

  • 作ってる場所や保管場所はいい状態?

 

普段の仕事に役立てばと思います^^

最後までお付き合い、ありがとうございました。