読書

【労働2.0】~やりたいことして、食べていく~by中田敦彦【読んでみた】

労働2.0

 

会社の同僚との飲み会で、愚痴を言い合ったり、会社の悪口、上司の嫌のところを言うことって楽しいですよね^^

 

会社での不満やストレスを発散してる、共感できる仲間をいることを実感ができる。僕もサラリーマンを25年以上やってきて、その気持はものすごく分かります。

 

そうやって与えられてきた仕事をタンタンとこなしてきました。・・何の疑問も抱かずに。。(^^;

 

この【労働2.0】は、僕のようなサラリーマンに一石を投じる1冊です。

 

  • 資本主義社会の中で、サラリーマンがどうやって生きていくのか?
  • 中田さん自身が、どうやって生きてきたのか?

 

その「歩み」と「これから」が書かれています。

 

中田さんと言えば、誰もが知ってる有名人です。最近では、Youtubeで活躍されてます。

 

僕から見ると「天才」にしか見えませんが、この本を読むと色んな行動をして、失敗をして、今がある、そのことが分かります。

 

この本では、NKT(なかた)の仕事術が34個紹介されてます。NKTの仕事術を知ること、実践するで【労働1.0 → 2.0】へ近づくことができると教えてくれます。

 

今のサラリーマン生活に少し疑問を持ってる方には、読んで損がない1冊です^^

 

こんな方におすすめ
  • 複業したいと思ってるサラリーマンの方
  • 今の仕事に疑問を持ってる方
  • 好きなことを仕事にしたい方

 

労働2.0とは?

cog-wheels

 

中田さん自身、吉本興業という会社のサラリーマンです。少し一般の企業とは違いますが、組織の一員なのは一緒です。

 

会社から言われたことだけをやっていく、これが【労働1.0】なんだと思います。(個人的な意見ですが^^;;)

 

会社には「経営者」と「労働者」の2者しかいません。最終的に「経営者」になることが、【労働2.0】だと思います。

 

でも、いきなり労働者が経営者になるのは無理です。では、どうやってレベルアップしていくのか?

 

その答えが、NKTの仕事術になります。

 

「NKTの仕事術」を読んで、僕が解釈したレベルアップの方法は下のようになります。

 

僕が感じたステップアップの方法
  1. 今のポジション(仕事)で頑張る
  2. 少しずつ仕事の幅を広げる
  3. 自分に合ってる仕事を見つける
  4. 副業を始めてみる
  5. 会社の外での自分の価値を知る
  6. 副業の比率をあげる
  7. 自分にあった副業を見つける
  8. 副業の実績を積む
  9. 本業と副業の収入を同レベルにする

 

副業は、自分が「経営者」です。本業と同レベルにできれば、その状態は【労働2.0】なんだと思います。

 

そこから、会社を辞めて、経営者1本になるのも、このまま両方続けるのも、自由です。

 

今の僕は「⑥副業の比率をあげる」段階です。副業はこのブログですが、7ヶ月以上続いてるんで、割と自分にあってる気がしてます。

 

もう少しブログをやって、Youtube動画も試してみようかと考え中ですが、まだまだ実績が足りません(^^;

 

勇者を目指す

spartan

 

ロールプレイングゲームでは、必ずでてくる勇者(主人公)

 

この本の締めくくりは「勇者になろう!」です。これはすごく共感できる部分で、僕もいつも感じてたことです^^

 

勇者って、何?

 

なかなか即答は難しいですよね。

 

さっと思いつくのは、「勇気を持ってる人」です。戦士や魔術師、僧侶、盗賊、武闘家、踊り子、いろんな職種のキャラがいますが、みんな特徴があります。秀(ひい)でた何かがある。

 

でも、勇者ってある意味「器用貧乏」みたいな所があったりします。平均値よりちょっと良い人みたいな。

 

勇者の役割は、【全体をまとめる=人と人を繋ぐ】ことなんだと思います。

 

それって誰にでもできそうですよね^^

 

「特別な力、才能がなくても、勇者ならなれる。」希望が湧く言葉です。「勇者」を今の時代にすると、それは「経営者(資本家)」なんだと思います。

だれでも、経営者(資本家)になれる!

 

この本は、今のサラリーマンに勇気を与えてくれます。書店で見かけたら、最初の6ページ(はじめに)を読んで頂ければと思います。もっと読みたくなってきます^^