Amazon

Kindle(電子書籍)を1年使ってみた感想┃iPadで読めて本より安くて便利^^

 

本棚がいっぱいで新しい本が置けないやぁ
引っ越しするとき、本の移動ってほんと大変
外出するとき、いつも持っていく本で悩んじゃう

 

読書が好きな人の悩みで多いのが、いっぱいの本の扱い方。本棚があっても、すぐにいっぱいになってしまいます。

狭い部屋だと、新しい本棚を置くのも難しい。。

 

僕は1年前からKindleを利用したことで、そんな悩みが一気に解消しました^^

 

この記事ではKindletって

  • どんなメリットがあるの?
  • デメリットってないの?
  • 実際のところ、どうなの?

そんな疑問に答えていきます。

 

Kindleを利用することで

  • 本をおくスペースを気にせずに、
  • 本の購入費を安くできて、
  • 時間にゆとりができます

 

本は手に持って感触を確かめながら読むもの!が持論だった僕が、1年間Kindle(電子書籍)を使ってみた感想を紹介します。

 

結局のところ

もっと早くからKindleを利用してれば良かったです^^;

電子書籍って、読みやすいの?

 

本はやっぱり手に持って読みたいよね!

 

僕が電子書籍をためらった1番の理由です。

ページをめくる紙の感触が好きで、なかなか電子書籍を受け入れられませんでした^^;

 

そんな僕が電子書籍にした理由は、家の本棚がいっぱいになってしまったから。

家が狭いので、新しい本棚を置くスペースもありません。

本棚に入りきれないものは、棚の上、床の上と山積みになるばかり。

掃除はできないし、どこに何があるかわからない、嫁さんには怒られるし、いいことがありません。

しょうがなくAamazonのプライム会員だったこともあって、電子書籍のKindleを利用することに。

Kindleはいろんな端末で読書することができます
  • パソコン
  • iPhone(スマホ)
  • iPad
  • 専用端末(KindleやFireタブレット)

 

パソコン、iPhone、iPadと試してみましたが、読みやすいのはiPad(Fireタブレットは持ってない^^;)

パソコンだと、Kindleの起動や本のダウンロードにすごく時間がかかります。

iPhoneだと、さすがに画面が小さくて、文字が読みにくい。

iPadはサイズ感も本に近いので、電子書籍の読書に最適でした。

具体的にどんな点がよかったのか紹介します。

 

文字の見やすさ

スクリーンショット(iPad)

出典:Aamazon Kindle

画面の解像度も高くて、バックライトもあるため、文字、絵は見やすいです。

画面サイズが約25cm×17cmと、単行本を開いた位の大きさなので、サイズ感もピッタリ。

iPadを横向きにすると、ちょうど良いサイズ感で本が読めます。

 

ページめくり

ページをめくるときも、指を画面にタッチさせて、左にスライドさせるだけ。

紙の本をめくるような感じで、次のページに進んでくれます。アニメーションをONにすれば、本のような感覚でめくれます。

タブレットカバーがあれば、本を持つ必要がないので、かえって快適です^^

 

手に持った感じ

iPadを手に持って読書するときも、そこまで重さは感じません。

ただ、カバーが一緒だとさすがに重いです。

寝転んで片手で読むってのは難しいですね^^;

一般的な本は300~450gですが、iPad+カバーで約800gあります。

iPad Air 一般的な単行本
出典:https://www.apple.com/jp
出典:Aamazon
本体:464g
(カバー付:約800g)
300 ~ 450g

 

カバーをスタンドにして読書するのが楽です

iPadでの読書はすごく快適です。なにごとも食わず嫌いはいけませんね^^;;

 

Kindleのメリット

Kindleの利用をはじめて感じたメリットを4つ紹介します。

  1. 本が邪魔にならない
  2. 本棚を持ち歩ける
  3. 本が安く買える
  4. 時間を節約できる

 

本が邪魔にならない

 

読書・漫画好きの1番の悩みはスペースの問題!

広い部屋に大きな本棚がある人って、あんまりいないと思います(憧れではありますが^^;)

電子書籍の1番のメリットは、タブレットが本棚になること

 

何回読んでも劣化しないし、探すのも簡単。

山積みの中から探す時間もはぶけて、一石二鳥^^

1度購入した電子書籍は、同じAamazonアカウントであれば、パソコン、iPhone、Fireタブレット、どの端末からでも読むことができます。

 

本棚を持ち歩ける

 

タブレットに本棚があれば、いままでの悩みが解消します。

  • ちょっとお出かけするけど、どの本を持っていこうか
  • 旅行の移動中は暇だけど、本も持ってくと重いよね
  • 引っ越しだけど、全部の本を持っていくの大変だなぁ

タブレット1台の持ち運びですべて解決です。

  • 本を選ぶ時間の節約
  • 重いものを運ばなくて、疲れない
  • 引っ越しの荷物が減って、安上がり

一石三鳥です^^

 

本が安く買える

Kindleの値段は、単行本より安く設定されてます。

書籍

 

マンガ

 

毎月10冊、20冊と買う人には、大きなメリットです。

定期的に半額セールや日替わりセールもやってます^^

Kindle本50%オフキャンペーン

 

Kindleの利用は、お財布にもやさしい!!

 

時間を節約できる

欲しいときに、すぐ買えて、すぐ読めるのがKindleのいいところ。

本屋さんに行く必要がないので、時間効率・時間単価があがります。

 

本屋さんに行くと、だいたい1時間は取られます。

月給20万円の人だと時間単価は、約1,250円!

20万円÷160時間/月=1,250円/時間

 

その時間は、本1冊に匹敵する価値があります。

もちろん、本屋さんを当てもなくウロウロするのも楽しいです^^

  • 買うと決めた本があれば、Kindleで購入
  • 「なにか面白そうな本ないかなぁ」って探すときは本屋さんで購入

時間単価を考えながら、バランスを取るのがポイントです。

 

Kindleのデメリット

Kindleもいいところばかりじゃありません。

デメリットと感じた部分も3つ紹介します。

  1. 購入した本は、売れない(譲れない)
  2. 本の雰囲気がつかめない
  3. iPadもしくはKindle専用端末が必要

 

購入した本を売ることができない

  • 読み終わった本は、売って次の購入費用にしたい
  • 面白い本なんで、友達に貸してあげたい

いまのところKindleだと、それができません。

電子書籍だと中古にならないのがネックなのかも知れません。

本を友達にあげたり、Aamazonやメルカリで売る人にはKindleは向かないサービスです

 

本の雰囲気がつかめない

本屋さんだと、本の目次を含めて、全体的に流し読みして買うか、買わないか、決めることができます。

Kindleだと、目次部分しかわからない本が多いです。

なかには試し読みできる本もありますが、最初の10ページ位まで。全体的な雰囲気まではわからないのが正直なところです。

 

購入したあとに、ちょっとイメージと違ったってこともあるかも知れません。

この点は、本屋さんに勝てない部分です。

本屋さんで気になった本をチェックしてKindleで買う方法もありますが、地元の本屋さんも大切にしたいので、バランスを取りたいところです^^;

 

iPadもしくはKindle専用端末が必要

 

自宅ならパソコンで読書できますが、外出先ではちょっと無理。

iPhone(スマホ)だと、さずがに画面が小さくて、読むのに苦労します。

 

僕は、たまたまiPadを持っていましたが、タブレットを持たない人も多いと思います。

タブレット購入に初期投資が必要なのは、ちょっと痛い。。

 

汎用性を考えるとiPadがおすすめですが、1番安いモデルでも34,800円します(iPad比較表

 

Fireタブレットは、モデル7~10まであって、5,980円~15,980円と、やや費用を抑えることができますが、それでも1万円します。

 

Kindle端末も種類があって、8,980円〜29,980円とそこそこのお値段。

メリットとデメリットを比較すると、投資する価値はありますが、初期費用がかかるのはやっぱり痛いです^^;

タブレットの選び方は、こちらの記事で詳しく解説してますので、タブレットの購入を考えてる方は参考にしてください。

Kindleタブレットの選び方表紙
Kindle本|おすすめのタブレットはどれ?使い方による選び方を紹介 Kindle(電子書籍)を利用するとき、最初に悩む問題ですよね^^ 紙の本を電子書籍にするメリット...

 

読み放題サービスの紹介

Kindleには、本の読み放題サービスが2つ用意されてます。

  1. Prime Reading(プライム・リーディング)
  2. Kindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)

 

Prime ReadingとKindle unlimitedの違い

Prime
Reading
Kindle
unlimited
Aamazonアカウント 必要 必要
プライム会員 必要 不要
利用料金 500円
(プライム会員費用)
980円
本の数量 約1,500冊 200万冊以上
本のジャンル 雑誌、マンガ、実用書など 小説、マンガ、実用書など

Prime Readingは、プライム会員にKindleと本の読み放題サービスの良さを感じてもらうためのお試し版のイメージです^^

プライム会員なら追加料金なしで、楽しむことができます。

 

Prime Readingの紹介

Aamazonのプライム会員特典の1つ、Prime Reading!

なんでも読める訳ではありませんが、中にはベストセラーのものがあったりします。

 

本の右上に「prime」のマークが目印です。

バビロン_大富豪の教え(マンガ版)は、本だと約1,700円します。これが無料で読めるってすごいです。

定期的に人気の本が入荷してきますので、プライム会員の方は、ときどきチェックするとお宝に巡り会えます^^

 

まだプライム会員になっていない方は、こちらでプライム会員のメリットを解説してます。

プライム会員になると、人生がかなり豊かになります^^

コスパ最強!?┃アマゾンプライム会員ってどうなの?【2年間使った感想】 色んなものが無料で利用できる中、定額の有料サービスって、ちょっとハードルが高いですよね^^; 僕も...

Kindle Unlimitedの紹介

Kindleの読み放題サービスがUnlimitedです。

月額980円かかりますが、Prime Readingより多くの本がラインアップされてます。

ビジネス本の例

 

マンガ・雑誌・教育書、全部で200万冊以上あります。

僕は購入しちゃいましたが、Unlimitedに加入してれば、メモの魔力1冊で1ヶ月分の元が取れてました^^;

 

読書好きの方は、30日間の無料期間で980円の価値があるか試してみると、すこしお得に本が読めると思います。

Kindle unlimitedを使ってみた感想

ebook
25年間読書しなかった僕がKindle Unlimitedを使ってみた感想┃人生変わる^^ 本の読み放題サービスって、どんな感じなの? お試し加入する前に、雰囲気を知りたい! お試しする価値って、ある...

 

Prime ReadingとKindle Unlimitedの詳しい比較は、こちらの記事で解説しています。

どっちがお得?┃PrimeReadingとKindleUnlimitedの違いを解説! 毎月5冊くらい本を買ってると、結構お金かかりますよね^^; 1冊1,500円とすると、7,...

まとめ:Kindleはすごく便利なサービス

Kindleの感想
  • Kindleは、メリットもデメリットもありますが、トータルすると利用する価値のあるサービスだと感じます

✓Kinldeのメリット

  • 本のスペースを節約できる
  • 本棚を持ち歩ける
  • お財布にやさしい(5~30%off)
  • 時間が節約できる(時間単価があがる)

✓Kindleのデメリット

  • 本が売却できない
  • 本を友達にあげることができない
  • タブレットが欲しくなる

僕の本に関する悩みを一気に解消してくれました^^

同じような環境にいる方には、1度は試してもらいたいサービスです

何事も食わず嫌いはよくありませんね^^;