Amazon

【聴く読書】Amazonオーディブルを使ってみた感想を紹介。好み分かれるかも^^

audiobook

 

子供の頃からマンガばかり読んでいて、今でも読書がやや苦手なアラフィフです。少年ジャンプが長年の愛読書だった(^^;

 

ブログを書くようになってから、自分のタメになる本も読まねば!と、自己啓発本やお金、投資に関する本を月10冊くらい読んでます。

 

どれも面白くて、昔の自分からは考えられないほど、本好きになってます。自分でも驚き^^

でも、ちょっと字ばかりの本だと眠くなることも、しばしば・・(^^;

 

Amazonの会員だったこともあって、ひょんなことから「聴く読書」がある!?ってことを知りました。これなら字で眠くなる僕でも、手軽に読める(聴ける)のでは?と早速、チャレンジ。

30日の無料お試しがあるんで、手軽に利用開始できます^^

好きな本も1冊もらえるサービス付!

audibleを無料で体験してみる

 

こんな方におすすめ
  • オーディブル(Audible)を始めて知った方
  • ちょっと読書が苦手な人
  • 何かしながら、情報を得たい人

 

オーディブルってどんなサービス?

オーディブルの図1

 

オーディブルは、ナレーターが本を読んでくれる「本の朗読」を聴く感じになります。

「音楽を聴く」感じで、「本を聴く」サービスですね。

 

オーディオブックと呼ぼれることもありますが、Amazonが提供しているサービスの名称が「オーディブル(Audible)」です。

 

購入した本をスマホやパソコンにダウンロードして聴きます。音楽を聴くのと同じなんで、いろんなシーンで「本を聴く」ことができます。

オーディブル使い方1 オーディブル使い方2

 

寝る前のリラックスタイムに目を閉じて、朗読を聴きながら本の世界をイメージすることもできます。(寝落ちしてもいいですよね)

僕は車通勤なんで、片道1時間の通勤時間を読書にあてられるのは、すごく嬉しいですね^^

勉強・スキルアップ・情報収集・知識を広げる・などなど、有意義な時間の使い方ができます。

 

ベストセラー本を1冊購入

最初の無料お試し期間で、入会の時にコインを1枚貰えて、好きな本と交換できます。

定期購読にすると毎月コイン1枚もらえて、好きな本と交換。コインを使った後はAudible価格で本を購入する仕組みです

 

頂いたコインで選んだ本は、総合ランキングで1位だった「超集中力」!

超集中力の本

 

「このすば」と迷いましたが、「このすば」はアニメ作品があるので、ここは我慢。朗読のナレーターには、声優の雨宮天さんが起用されてます^^(知らない方、すいません)

このすば絵

ちなみに「オーバーロード」や「盾の勇者の成り上がり」、「幼女戦記」などもあります。(再びマニアックですいません^^;)

 

使ってみた感想:悪くない、けど・

オーディブルの図2

 

正直なところ「良い」「悪い」の好みが分かれそうだと思いました。万人(ばんにん)うけするいうより、使う人・使い方によって、評価が変わってくるサービスだと。

好みの分かれるポイント

僕の場合、紙の本を手にとって読んだ方が心地良かったりします。昔から本はめくって読むことに慣れてるからかな・・。若い人は、あんまり気にならないのかな??

 

また、必要な部分だけ読んで、ほかを読み飛ばすってことも難しいです。倍速だと、じっくり読む(聴く)ところも速くなってしまう。

 

そして朗読してくれるナレーターさんの好き、嫌いがあるかもです。人の声って好みが別れますよね。好きな声優さんとかなら、テンションあがりますけどね^^

ここは試聴で分かるんで失敗することはないです

 

逆に

通勤中のインプットには最適です。車通勤だと手がふさがってるんで「聴く読書」は最高です!電車通勤の方でも、本を読むより、ストレスが少ないんじゃないかな。

次で、もう少し具体的な数字でメリット・デメリットを比較してみようと思います。

 

オーディブルのメリット、デメリット

ヘッドフォン

 

1冊無料は嬉しいけど、定期購読にしたら、どんなメリットあるの?デメリットも教えて!

 

定期購読のメリット、デメリットを調べてみました。オーディオブックだと、2つの大きなサービスがあるので比較表です。

Audible
オーディブル
AudioBook
オーディオブック
スマホ対応
作品数 400,000 23,000
ジャンル数 28 9
倍速機能
無料お試し 30日 30日
基本料金 1,500円/月
(コイン付)
0
毎月1冊無料 ×
聴き放題プラン ×
聴き放題料金 × 750円/月
聴き放題作品数 × 10,000
会社 Amazon オトバンク

 

メリット①:作品数が多い

作品数40万以上、ジャンル数28はライバル会社を大きく上回っています。全ての本はカバーできないまでも、多くのジャンルで本を探すことができます。

 

メリット②:語学のリスニングに最適

カテゴリの中に「語学」があって、英語リスニングの本も多数あります。通勤・通学中に聞き流す英会話を勉強するならすごく便利です。

語学カテゴリ

 

デメリット①:聴き放題サービスがない

月1,500円の支払いで、本1冊しか楽しむことができません。以前は、聴き放題のプランがあったようなのですが、コイン制に変更されたようです。

Audible Stationというラジオのような無料コンテンツはありますが、少し物足りなさを感じました。

 

デメリット②:本の料金が高い

文庫本、電子書籍(kindle)との比較です。

オーディブル本の定価は高いです。ナレーターを使って朗読する費用もわかりますが、もう少し抑えて欲しい所・・・。ちょっと手軽に手が出せないかな。。

Audible
オーディブル
AudioBook
オーディオブック
文庫本
(Amazon)
Kindle
(Amazon)
火花 3,500円
1,500円
1,320円 638円 509円
超集中力 2,500円
1,500円
1,540円 1,540円 1,386円
ライフ・シフト 3,500円
1,500円
1,980円 1,980円 1,782円

(2020年1月時点の価格です)

現在【Audible会員のみ】ということで、本の値段が一律1,500円に変更されました。これで普通の本を買う感覚で購入できますね。

デメリットがなくなりました^^

 

まとめ:試してみよう

オーディブルを使ってみた感想

その人の好みと使い方で評価が大きく変わるサービスだと感じました。ちょっと使ってみないと分からない・・(^^;;

少し気になる方は、無料お試しで1冊、好きな本で試しても面白いかも知れません。

オーディブルの無料体験ホームページへ

ここからは、オーディブルの登録方法と使い方、退会の方法を紹介していきます。試してみようかなぁという方は、進んで下さいm(_ _)m

登録(入会)方法

ホームページで「最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。」をクリック

Audible画像1

 

Amazon会員で既にアカウントをお持ちの方は、その会員情報(Eメール・暗証番号)を入力して下さい。Amazonプライム会員とaudible(オーディブル)が紐付きます。

 

Amazon会員でない方は、アカウントの作成からになります。新規アカウントの作成をお願いします。

Audible画像2

 

サインインするとお支払い方法の登録画面が表示されます。オーディブルでは、まだクレジット決済での支払いになります。

Audible画像3

 

クレジットカードを選択した後、「30日間の無料体験を試す」をクリック

Audible画像4

 

これで30日間の無料体験の登録が完了です。

ここから本を聴くためのアプリをダウンロードします。そこそこ登録作業がありますね。。(^^;;

 

ホームページ上だと、コイン保有数「0コイン」が気になりますが、本をクリックすると1コインになるんで大丈夫です。

Audible画像5

 

この画面でホームページを下にスクロールして端末の絵を出します。この絵をクリックしても絵が変わるだけで、何も起きません。

Audible画像6

 

絵の下にある「iOS版アプリ・Android版アプル・windows版アプリ」からダウンロードします。絵をクリックしても、絵が変わるだけで何も起きません。最初、ちょっと迷いました。

Audible画像7

 

僕はiphoneで聴く為、ここからiphoneの操作画面に移ります。パソコンのwindowsは、windows10のみの対応です。

 

アプリのインストール方法

 

僕は「iphone8」を使ってますので、iOS版アプリのダウンロード方法の紹介です。

ホーム画面の「App Store」をタップします。

iphone画面1

 

検索をタップして、検索窓に「audible」と入力します。「オーディブル」や「おーでぃぶる」でも大丈夫です。

iphone画面2

 

Audibleのアプリを選択。「入手」をタップします。

iphone画面3

 

ホーム画面に「Audible」が追加されます。

次に「Audible」をタップして、Amazonアカウントの登録を行います。

iphone画面4

 

サインイン」をタップします。

アプリ画像1

 

Amazonアカウント情報(Eメール、パスワード)を入力します。

アプリ画像2

 

Audibleのホーム画面が表示されて、アプリのインストールは完了です。

アプリ画像3

 

オーディブルの使い方

 

オーディブルで「本を聴く」為には、2つすることがあります。

  1. オーディオブックを購入する
  2. 購入したオーディオブックを端末で聴く

 

オーディオブックを購入する

Amazonのホームページへ」へジャンプ。

Amazonのアカウントを登録しているので、あなたのホーム画面が表示されると思います。左上の「メニュー❒」をクリックします。

オーディブル説明図1

 

「本・コミック・雑誌&Audible」を選択。

「Audible オーディオブック」を選択します。

オーディブル説明図2

 

Audibleストア」へ行きますので、ここで好きな本を購入します。

1番上に代表的なジャンルが表示されていますので、ここから選ぶこともできます。

web画面3

 

2019年9月のAmazonランキングがこちら
web画面4

 

本をクリックすると購入ページに移動します。

ここでナレーションのサンプルを聴くこともできます。

 

気に入った本があれば購入!

web画面6

 

既に購入済みの場合は、このように表示されます。

web画面7

 

これでオーディオブックの購入は完了です。

 

オーディオブックを聴く

ダウンロードした端末でAudibleアプリを起動します。

画面の下にある「ライブラリー」をタップして下さい。

アプリ画像4

 

購入したオーディオブックが表示されています。もし購入した本が表示されていなければ、右上の「更新」をタップして下さい。

本の画像をタップするとオーディオブックのダウンロードが始まります。

アプリ画像5

 

余談ですが、下の3つは無料チャンネルで放送されてて、無料で聴けました^^

 

ダウンロードが完了した後、本の画像をタップすると再生画面になります。ここでオーディオブックの操作を行います。終了(ホーム画面に戻る)したい場合は「×」をタップします。

アプリ画像6

 

再生速度(0.5~3.5倍)の切り替えや、本の途中にある目次から朗読スタートなどの機能があります。

 

オーディオブックの返品方法

 

Amazonのオーディオブックは、購入後365日以内であれば返品することができます。まずAudibleのホームページへ行きます。

 

1番上の「名前が表示されている部分」にマウスを合わせて、「アカウントサービス」をクリックします。

web画面9

 

「購入履歴(返品)」をクリックします。

web画面10

 

返品を希望するオーディオブックの「返品する」をクリックします。

web画面11

 

返品の理由を選択して、「返品する」をクリックすることで返品できます。

web画面12

 

解約(退会)の方法

 

1番上の「名前が表示されている部分」にマウスを合わせて、「アカウントサービス」をクリックします。

web画面9

 

退会手続きへ」をクリックします。

web画面13

 

このまま退会手続きを行う」をクリックします。

web画面14

 

退会の理由を選択して、「退会手続きを完了する」で終了です。

web画面15

 

解約しても、これまで購入したオーディオブックはそのままアプリに残りますので、継続して聴くことが可能です。

 

継続する気持ちがなくても、1冊無料で購入するのと同じですので、体験だけでもメリットはあるかも知れません^^