仕事

会社辞めた方が良い?続けた方が良い?ブラック企業の見分け方を紹介

raven

 

こんにちは、さくみずパパです。

 

そこそこ長く勤めた会社を辞めるのって勇気がいりますよね・・(^^;

 

1人で実家暮らしだったりすると、そこまで無いかも知れませんが、30歳を越えてくると、奥さんがいて、子供がいて、マイホームを持ってたり。

 

そうなると、会社を辞めるのは人生の大きな転機です。奥さんと、子供を路頭に迷わすこともできません。

 

しかし、会社で働き続けて、身体を壊したり、心の病にかかっても良くない。このハザマで苦しむ人は多いんじゃないでしょうか。・・・僕もそうでした。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

判断の基準は、ブラック企業か、そうでないのか、です。

 

そんなの当たり前じゃん・・・

 

確かに・・。でも、ブラック企業の定義って曖昧じゃありませんか?

 

世の中で言われてるブラック企業の線引は、

  • 法律を守っていない
  • パワハラ・セクハラがある
  • 長時間労働をさせる

が代表的だと思います。

 

具体的なようで、今の自分と重ねると、なんとも微妙なところ・・。世の中、そんな良い会社ばかりじゃありません。

 

上を見たらキリがありませんが、下を見てもキリがありません。転職したら、更に環境が悪化した・・・よりブラックだった!ってこともありえます。

 

結果的には、「自分が守りたいもの」と「自分へのストレス」の天秤がどちらに傾くかだと思います。

  • 守りたいものの方が重い → 続ける
  • ストレスの方が重い   → 辞める

 

この記事では、僕の体験からブラック企業の定義を紹介します。

 

会社を続けるのも、辞めるのも、最後に決めるのは自分です。価値観は、人それぞれ違いますので、1つの例として参考にして貰えればと思います。

 

こんな方におすすめ
  • 会社を辞めようか悩んでる人

 

辞めた方が良い会社

witch

 

僕が判断するポイントは、2つです。

  1. 残業代をもらえない
  2. 上司がブラック

それぞれ説明します。

 

残業代をもらえない

これは明らかに法律に違反していますし、違反の中でもモチベーションを保てない1番の理由だと思います。もしかすると、会社も法律の穴をついたような「みなし残業」という技を使ってくるかも知れません。

 

どちらにしても、会社として終わってますので、続ける理由はまったくありません。このレベルであれば、ここより良い会社に再就職できる可能性はかなり高いです。

 

仕事が忙しくて、残業が増えることはある意味しかたがないときがあります。頑張った分、お給料という形で還元されれば、やった甲斐があります。

 

残業代がもらえない会社は、すぐに辞めることをおすすめします。

 

 

上司がブラック

blackman

 

ブラック企業とよく言われますが、よく見ると、会社全体がブラックではなく、特定の部署がブラックなことが多いです。

 

特定の部署がブラックな理由は、そこにいるリーダーがブラックだからです。

 

大企業でも、労働災害が認定されたり、長時間労働で自ら命を絶つ人がいるのは、その部署を管理する人の責任が大きいはず。

 

では、どんな上司がブラックなんでしょうか。

 

上司の悪いポイントをいうときりがないと思いますが、僕がキツイと感じた3つの紹介です。

  1. 何も考えていない
  2. 仕事の熱意がすごい
  3. ウソをつく

 

何も考えていないタイプ

このタイプは、一般的に「Yesマン」と呼ばれてる人です。

 

課長は、部長に言われたことを「はい!」といって、部下に振ります。部下から言われたことも聞いてくれますが、【 部下 <<< 部長 】なので、何も変わりません。

 

何か質問しても、曖昧な返事だったり、何か判断を頼んでも、決めることができません。仕事ばかりを安請け合いするので、そこにいると必然的に残業が増えます。

 

改善を求めても、無駄なので、仕事への気力がどんどんなくなってしまいます。じゃあ、どうすれば良いのか?

 

結論は、自分が課長の代理で機能するしかないと思います。言葉は悪いですが、課長を操るくらいのことをしないと抜けれません。

 

誰でもできることではないので、難易度はかなり高いです。

 

仕事の熱意がすごい

昔、有名なキャッチコピーで、「24時間、たたかえますか?」という栄養ドリンクのCMがありました。まさに、時間を気にせず、休日を気にせずに、仕事1本の上司です。

 

とても付いていけません。

 

本人には、当たり前のことなので、部下も当たり前にできると思ってます。会社から見ると、優秀な社員ですが、部下から見ると最悪です。

 

夜中や、休日に、仕事の電話がかかってくると、心が休まりません。心の病になる一番の原因ですね。。じゃあ、どうすれば良いのか?

 

結論は、上司を変えるしかありません。・・でも、自分じゃ上司を変えれません。

 

パワハラとして、内部告発する手もありますが、そこに時間と心を消耗するものどうかと思います。部署を移動できないようであれば、会社を変えるのが得策だと思います。

 

ウソをつく

自身の評価を下げたくないため、事実にウソを入れたり、捻じ曲げたりするタイプです。

 

例えば、部長には良い報告をするけど、実情がともなってない。何とか挽回しようと部下にプレッシャーをかけてくる感じです。

 

そんな所じゃあ、働きたくもなくなります。

 

繰り返しになりますが、自分で上司を変えることはできません。戦うだけ損なので、会社を変えるのが得策だと思います。

 

まとめ

 

会社を辞める判断のポイント
  1. 残業しても、それに見合った残業代を払ってくれない
  2. 上司がブラック!!
  • 何も考えてない上司
  • 仕事への熱意がすごくてついて行けない上司
  • ウソをつく上司

 

会社を辞めるのには勇気と決断力が必要です。でも、大切なのは、自分の体(健康)です。

 

安易に辞めることはダメですが、健康を脅かす会社に居ても無意味です。客観的に周りを眺めてみて下さい。何か答えが見つかるかも知れません。

 

本記事は以上となります。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m