ファミリー

中学生になる息子に勉強させる方法┃通信教育にチャレンジ!

タブレット学習

 

今年の春から中学生になる息子。時間があればSwitchばかりしてて、まったく勉強しない^^;

勉強できることが全てじゃないけど、人生の選択肢を増やす意味でも勉強は大切。

経験上、理解力が高い人ほど仕事もできるし、将来なにをしても役立つはず。

中学生で理解力を上げる1番の近道が、勉強を頑張ること

 

じゃあ、どうやって勉強させようか・・・

ぱっと思いつく方法は4つ!

  1. 参考書を買う
  2. 塾に行く
  3. 家庭教師をつける
  4. 通信教育を受ける

この中から僕が選んだ方法が、通信教育を受ける!です

この記事では、通信教育を選んだ理由、通信教育にするならどこがいいか、その選び方を紹介します。

遊んでばかりいる息子をお持ちの親御さんに、勉強させるキッカケ作りになると思います。

勉強しろ!っていっても無駄なので、まずは勉強したくなる環境から作っていきましょう^^

 

こんな方におすすめ
  • ゲームばかりしてる中学生をお持ちのパパさん、ママさん
  • 中学生の息子に勉強させたいパパさん、ママさん
  • 通信教育に関心があるパパさん、ママさん

通信教育がおすすめの理由

タブレットを見る子供

 

学習方法の4つから、息子に最適なものを選びます。

  • 参考書
  • 家庭教師
  • 通信教育(タブレット学習)

どの方法でも勉強することは可能です。あとは本人のやる気が1番でるのはどれか?

この4つの中から、どれを選ぶかは、家庭環境でだいぶ変わってきます。

近所に学習塾がなかったり、家庭教師をお願いするお金の余裕がなかったり。

 

この学習方法を選ぶポイントは、3つ
  1. 子供本人のやる気(モチベ)
  2. 利用するための料金
  3. どのくらい時間を取られるか

 

子供本人のやる気(モチベ)

やる気を比較すると

学習方法 やる気 理由
参考書
  • 本を買っただけで満足するので、結局ならない
  • 学校の教科書と変わらないので、やる気が湧きにくい
  • 時間的な強制力があるので、やるしかない
  • 先生が教えてくれるので、迷わない
  • まわりにライバルがいるので、刺激がある
家庭教師
  • マンツーマンで教えてれるので、わかりやすい
  • 自分のペースでやれるので、やる気が湧く
  • わからない所を教えてくれるので、迷わない
通信教育
  • ゲーム感覚でできるので、飽きずにやれる
  • 自分のペースでやれるので、やる気が湧く

ここでまず参考書が脱落です。

僕も経験がありますが、参考書は本人のやる気があって成立します。やる気がない息子に何を渡してもただの紙^^;

ある程度、強制力がないと、モチベーションを維持できません。

 

費用vs効果(コスパ)

それぞれの時間単価を計算してみます。

参考書 家庭教師 通信教育
月額料金目安 1,250円 5,000円 20,000円 8,000円
年間に換算 15,000円 60,000円 240,000円 96,000円
勉強時間の目安 1日
1時間
週1回
60〜75分
週1回
1時間
毎日
1時間
時間単価
の目安
42円 1,250円 5,000円 350円
判定
  • 参考書は1冊1,500円程度で、5教科2冊ずつ買っても15,000円。それで1年間使えるので、月額1250円です。時間単価42円と激安です
  • 学習塾は、週1回で約5000円、1回の授業が60〜75分なので、時間単価にすると約1,250円
  • 家庭教師は、1時間あたりの相場は約5000円!!マンツーマンなので当然高い^^;
  • 通信教育は、タブレットを使った授業が主流で、月額約8000円、タブレット(1〜3万円)を用意する費用も必要で、時間単価を計算すると約350円

時間単価は、参考書と通信教育が断然安い!

どのくらい時間を取られるか

子供にじっくりと勉強を教える時間を確保するのも難しい時代。なるだけ親の時間が取られない方法にしたいのが本音^^;

その視点で4つを比べてみると

学習方法 時間の制約 理由
参考書
  • わからない問題は、親が教えることになる
  • 送り迎えが必要な場合がある
  • 送迎まで頼むと料金なアップする
  • 時間が拘束される
家庭教師
  • 自宅に招くので意外と気を使う
  • 時間が拘束される
通信教育
  • わからない問題は、解説動画で理解できる
  • 勉強スケジュールも作ってくれる

タブレットを使った通信教育なら、自分で率先して勉強する環境にできる

勉強方法の選択まとめ

参考書 家庭教師 通信教育
やる気
コスパ
時間の制約
時間単価の目安 42円 1,250円 5,000円 350円

通信教育が全てにバランスがよくてコスパ最強!

タブレットを使った通信教育に申し込んでみます^^

 

通信教育の選び方

タブレットを見る女子中学生

 

通信教育って、どこがいいの?

通信教育で有名どころは、7つ!

紙テキスト タブレット学習
進研ゼミ
学研の通信講座
Z会の通信教育
スマイルゼミ
東進オンライン
ポピー
スタディサプリ

紙テキストは、試験前や知りたい所だけを要領よく学ぶことができます。

タブレット学習は、解説動画や勉強するポイントを教えてくれて、毎日の勉強に最適。

ここは両方を扱っている4社に絞って考えてみます。

  • 進研ゼミ
  • Z会
  • スマイルゼミ
  • スタディサプリ

ここから更に絞り込むポイントは、3つ。

  1. わかりやすさ
  2. 利用料金
  3. 続けることができそうか

3つの視点で4つの通信教育をみてみます。

教材のわかりやすさ

タブレットを見る眼鏡の子供

 

普段の勉強を重視したいので、タブレットでの学習を比べてみます。

進研ゼミ

進研ゼミの紹介動画がこちら

出典:【進研ゼミ中学講座】

  • タブレットに直接かけるので、覚えやすくて、忘れにくい
  • その場で問題の解説動画を見ることができるので、スイスイ問題が解ける
  • わからない所をAIが答えてくれるので、スッキリしてやる気がでる

 

Z会

Z会の紹介動画がこちら

出典:Z会ホームページ

  • タブレット学習よりテキスト教材での学習に力を入れてる印象
  • 勉強に意欲のある子供には良いかも知れないが、うちの息子だとモチベが持ちそうにない^^;

スマイルゼミ

スマイルゼミの紹介動画がこちら

出典:◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

  • タブレットに直接かけるので、覚えやすくて、忘れにくい
  • 数学で図形が立体的に動くのはすごくわかりやすい

スタディサプリ

スタディサプリの紹介動画がこちら

出典:スタディサプリYouTube動画

タブレットは主に授業動画の視聴に使う感じです。動画を見終わった後、テスト記入で使うけど、タブレット学習とは少し違った印象

タブレット学習のわかりやすさ、うちの息子のやる気維持と理解力を考えると、手とり足取り教えてくれる進研ゼミ、スマイルゼミのどちらかが良さそう^^

 

利用料金

1番気になる部分は料金^^;

いくら良い教材でもお財布に余裕がないと頼めません。。悲しいけど現実。

料金の比較(12ヶ月一括払いにした場合)※金額は全て税込
進研ゼミ Z会 スマイルゼミ スタディサプリ
申込みタイプ ハイブリット タブレットコース5講座 標準クラス 個別指導コース
テキスト教材
タブレット学習
12ヶ月払の合計 78,840円 97,380円 89,760円 117,600円
サポート費用 3000円 3300円 3960円
タブレット費用 0円 0円 10,978円 自分のスマホ等を使用
合計金額 81,840円 100,680円 104,698円 117,600円
月額に換算 6,820円 8,390円 8,725円 9,800円

1番安く利用できるのは、進研ゼミ^^

スマイルゼミに比べて、約1900円ほど安い。

 

続けることができそうか

考える少女

 

最大のポイントは、ゲームばかりしてる息子が取り組んでくれそうか。うちの息子は率先して勉強するタイプではない^^;

ちょっと楽しみながら学習に取り込めるスタイルが良い。

やる気が続くポイントを考えてみると

  • ゲーム感覚で取り組める
  • 30分でも気軽にできる
  • 動画を見てるだけにならない

この視点だと、タブレット学習が充実している進研ゼミとスマイルゼミの2択。

どちらを選べば良いのか、もう少し深堀りして比べてみます。

進研ゼミ

進研ゼミの学習法

  • 子供のレベルにあった問題を出題してくれるので、飽きずにできそう
  • わからない問題を重点的に出題してくれるので、学校で取り残されない
  • 点数で自分がレベルアップしてるのがわかるので、ゲーム感覚で楽しめる
  • 勉強のスケジュールを短い時間で作ってくれるので、自然と机に向かってしまう

【進研ゼミ中学講座】をチェック

スマイルゼミ

タブレットの書き心地

  • 絵や図形をタブレットの中で動かせて面白いので、飽きずに取り組める
  • テスト対策のスケジュールを作ってくれるので、机に向かう意欲が湧く
  • タブレットを活用した学習に力を入れているのが、よくわかる

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育をチェック

結局、どっちがいいの?

進研ゼミとスマイルゼミ、どちらを選んでも損はありません。あとは好みの問題^^

  • 進研ゼミは、タブレットで学習するというより、オンライン授業や解説動画がメインの印象
  • スマイルゼミは、タブレット学習に力を入れていて、解説動画はサポート的な役割の印象

優劣をつけるとすると

進研ゼミ スマイルゼミ
ゲーム感覚で長続き
気軽にできて飽きない
受け身にならず積極性がでる
月額料金の目安(税込) 6,820円 8,725円

利用料金は1900円ほど高いけど、息子が1年間を通して勉強する姿を想像すると、スマイルゼミの方が良さそう^^

 

まとめ:スマイルゼミに申込み!

息子との相性を考えてスマイルゼミを選択
  • 利用料金を考えると、圧倒的に進研ゼミが優位
  • タブレットの使いやすさもテキスト教材も充実してる
  • スマイルゼミの良いポイントは、タブレット学習のしやすさ
  • ゲーム感覚で問題に取り組めるので、より楽しみながら勉強できそう
  • うちの息子の場合、いい点数を取る勉強をすることよりも、まずは毎日勉強の時間をとることが重要
  • Switchで遊ぶ時間をいかに勉強の時間にするかがポイント!
  • その点で、少しの時間で、いつでも取り組めそうなスマイルゼミにしました
  • 毎月2000円アップは痛いけど、ここは息子のために何かを切り詰めよう^^;

どちらも資料請求は無料なので気軽に申し込んでみてください^^

スマイルゼミの無料資料請求はこちらから

進研ゼミ中学講座の無料資料請求はこちらから