仕事

新人社員へのアドバイス!入社3ヶ月までを過ごす大切な5つのポイント。

stickies

 

桜も開花をはじめて、新しい門出の時期になってきました。新しく社会人になる人は、期待より不安の方が大きいと思います。

 

右も左も分からない状態で、大きなストレスと戦う事になると思います。

 

新社会人の方に入社してから3ヶ月までに意識して実践して欲しい5つのポイントを紹介します

 

なんで3ヶ月なの?

 

人は、3日、3週間、3ヶ月と続けていくと、やっていることが身についてきます。

 

最初の3日は、すごく意識しないとできないと思います。しかし、それを3週間続けると、あまり意識しないでもできるようになります。【3日坊主】という言葉は、意識しないと3日しか持たないってことですね^^

 

そして、3ヶ月続けると意識することなく、自然と行動できるようになります。これが習慣化です。3ヶ月は自然とできる目安の期間ということですね。

 

大切な事は「規則正しい生活習慣を身につける!」です。5つのポイントは、規則正しい生活をする上で心がけるものになります。

 

規則正しい生活の5つのポイント
  1. 大きな声で挨拶をする
  2. 15分前に会社につく
  3. 昼休みは休憩をとる
  4. 定時退社する
  5. 睡眠時間は7時間とる

 

それぞれ解説していきます。

 

大きな声で挨拶をする

 

挨拶は全ての基本になります。先輩を見かけれた少し離れた所からでも、先に「おはようございます!」と大きな声で言いましょう。

 

子供っぽいと思われるかも知れませんが、先輩から見ると皆さんは自分の子供のように見えてます。

 

当然、これまで経験したことがない、20歳、30歳年上の人も同じ社員として働いています。自分の子供より年下という事もよくあります。なので、まったく気にすることはありません。

 

逆に今の時期しか子供を演じられないと考えた方がお得です。

 

先輩の立場を考えると、自分のかわいい子供には親切、丁寧に色々教えたくなりますよね。色々買ってあげたくもなります。

 

大きな声で挨拶をする」だけで、あなたは職場のマスコットになれるはずです。

次の新入社員が入ってくるまでの期間限定なので、使わない手はありません。積極的に声を出して行きましょう。

 

15分前に会社に着く

 

会社は、基本的に始業時間が決められています。社会人として、「会社に遅刻する」という事はあってはいけません。時間にルーズだと、それだけで仕事ができない印象を与えます。

 

皆さんはまだ仕事を覚えていませんので、なおさらです。逆に先輩達より早く職場に居るだけで、「こいつはやる気があるな」と見えてきます。

 

最近は、どの会社でもフレックス制度がありますので、朝の時間にルーズな先輩は多いと思います。

 

本来のフレックス制度は、【仕事の効率を上げて時間を有効に使う】ことを目的としています。しかし、今は朝の時間を気にしないだけのルーズな習慣として使用している人を多く見ます。

時間にルーズな人は、仕事ができない人】にならない為にも、毎朝先輩よりも早く出社しましょう。

 

昼休みは休憩をとる

 

僕の会社でも見かける光景ですが、昼休みにスマホゲームに熱中している人がいます。

 

休み時間なんだから、好きに使って良いでしょ!

 

って思われるかも知れません。でも、この時間はお昼からの仕事の準備と考えましょう。午前中も身体と頭を使って消耗していますので、身体と頭を休めることが大切です。

 

ゲームや読書をすると、頭の活動は継続していて休めません。ランニングやウォーキングをすると、身体が休めていません。

 

僕のおすすめは、15分間のお昼寝です。

 

身体と頭を休める最適な方法です。脳をリセットできますので、午前中と同じ勢いで午後の仕事に取り組めます。

 

科学的に15分以上寝てしますと、睡眠状態になってしまい、身体が動かなくそうです。中途半端に寝てしますと、頭が痛くなったり、だるくなったりしますよね。

10~15分が理想のお昼寝と言われていますので、ぜひ実践してみて下さい。

 

定時退社する

 

先輩に「お疲れ様でした!」と言って定時時間になったら帰りましょう。

 

朝から8時間働いていますし、多くの事を覚える必要がありますので、身体も頭も疲れ切っています。「毎日8時間で出来ることをしよう!」という意識を持って取り組んで下さい。

 

残業時間が多い人をよく見かけますが、僕の考えは「その多くは効率が悪い、もしくは時間をダラダラと過ごしている人」だと思っています。昔の僕もそうでした^^;;

 

朝7時に家を出て、毎日22時まで仕事していたときの例です。
睡眠 01:00~06:00  5時間
朝の支度 06:00~07:00  1時間
通勤(行き) 07:00~08:00  1時間
会社の時間 08:00~22:00 14時間
通勤(帰り) 22:00~23:00 1時間
晩ごはん 23:00~23:30 0.5時間
お風呂 23:30~24:00 0.5時間
自由時間 24:00~25:00 1時間

 

1日の過ごし方グラフ

 

毎日この過ごし方をしていると、自然と8時~22時までの時間配分をコントロールするようになります。体力・気力をセーブしてバテないようにするだけです。結果、仕事の密度が薄くなるだけで、成果に大きな差はありませんでした。

仕事は17時までと決めると、最初から最後まで全力で仕事に取り組むことができます。

 

睡眠時間は7時間とる

 

社会人になると最初のお給料をもらったりして、すごくお金持ちになる瞬間がきます。特に高校生から社会人になった方は、いきなり10万円以上の自由に使えるお金を手にすることでしょう。

 

浮かれて色んなものを買ったり、遊びに行ったりしたくなる気持ちはわかります。

でも、睡眠時間を削って遊ぶことはダメです。

 

疲れた身体と頭を休める最適な行動は、睡眠をとることしかありません。睡眠時間が十分とることは、規則正しい生活をする土台になります。

睡眠時間は、決して無駄な時間ではなく、大切な時間!と考えて過ごしましょう。

 

まとめ

新入社員がまず行うべきことは、規則正しい生活を身に付ける・習慣化することです。繰り返しになりますが、

実践する5つのポイント
  1. 大きな声で挨拶をする
  2. 15分前に会社につく
  3. 昼休みはきちんと休憩する
  4. 定時退社する
  5. 睡眠時間は、7時間とる

 

ぜひ、あなたも明日から実践してみて下さい。最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^